雑学

バイクの寿命は走行距離ではなく部品供給が終了した時である

現代の車やバイクというのは各所に使用されている部品の品質が向上して通常の使用範囲では壊れにくいのと言えるのだが、形があるものはいつか壊れてしまうのは当然である。その中でもバイクという乗り物に関しての寿命というものについて考えてみたいと思う。

一般的な認識では、車やバイクというのは経過年数よりも、走行距離で寿命というものを判断してしまう傾向がある。確かに乗り物というのは走行すれば消耗するのは当然であるのだが、走行距離=寿命というのは間違っており、例えミッションが故障したとしても修理をすれば現状回復は可能である。

しかし、エンジン系統などの故障によって部品の交換が必要になった際に、メーカー側からの部品供給が終了して修理ができなくなった場合には現状回復が難しいのは当然であり、中古部品でもパーツが出回っていない時点で一流の整備士であっても打つ手というのは無くなってしまう。

整備士の中には部品が供給されなくても直してしまうベテランもいるが、そのような整備士は少数派であり、まずメーカー側からの部品供給が終了した時点で故障が発生したバイクに関しては寿命を迎えることになる。そのために走行距離で寿命を判断するということは間違いという訳である。

部品供給の終了が寿命なんじゃないの?

関連記事

  1. 雑学

    スペアタイヤに代わるパンク修理キットについて解説

    車に乗っている人であれば、町中を走っていると突然タイヤがパンク…

  2. 雑学

    車の給油ランプが点灯した場合にはあと何キロ走行可能なのか?

    車に乗っているドライバーならば一度は車の給油ランプが点灯して慌…

  3. 雑学

    自販機に硬貨を入れても釣り銭口に落ちてしまう原因を解説

    日本の自動販売機設置率というのは世界中と比較してもかなりの台数…

  4. 雑学

    歌手が耳に装着してるイヤモニからは何が聞こえているの?

    歌手が着用しているものは「イヤモニ」と呼ばれるPA機器音楽番組など…

  5. 雑学

    車のサイドミラーが破損した場合の修理費用を整備士が解説

    車を保有している人であれば自分の車に傷をつけたくないと思うのは…

  6. 雑学

    確定申告は期日前に提出をしても問題はないのか?

    毎年、2月の16日になると全国の確定申告が始まり、個人事業者な…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. 雑学

    盗撮カメラはスマホで簡単に発見することが可能である
  2. 家電

    Appleが徹底した秘密主義を保持できなくなった理由
  3. 音楽

    念願のライブチケットを必ず取るために覚えておきたいこと
  4. オピニオン

    受験生よ!高校受験で人生が決定する訳ではない
  5. メンタルヘルス

    「別に良いんじゃないの?」を口癖にすることを強く勧める理由
PAGE TOP