雑学

バイクの寿命は走行距離ではなく部品供給が終了した時である

現代の車やバイクというのは各所に使用されている部品の品質が向上して通常の使用範囲では壊れにくいのと言えるのだが、形があるものはいつか壊れてしまうのは当然である。その中でもバイクという乗り物に関しての寿命というものについて考えてみたいと思う。

一般的な認識では、車やバイクというのは経過年数よりも、走行距離で寿命というものを判断してしまう傾向がある。確かに乗り物というのは走行すれば消耗するのは当然であるのだが、走行距離=寿命というのは間違っており、例えミッションが故障したとしても修理をすれば現状回復は可能である。

しかし、エンジン系統などの故障によって部品の交換が必要になった際に、メーカー側からの部品供給が終了して修理ができなくなった場合には現状回復が難しいのは当然であり、中古部品でもパーツが出回っていない時点で一流の整備士であっても打つ手というのは無くなってしまう。

整備士の中には部品が供給されなくても直してしまうベテランもいるが、そのような整備士は少数派であり、まずメーカー側からの部品供給が終了した時点で故障が発生したバイクに関しては寿命を迎えることになる。そのために走行距離で寿命を判断するということは間違いという訳である。

部品供給の終了が寿命なんじゃないの?

関連記事

  1. 雑学

    ハーレーダビッドソンのバイクが高い理由について解説しよう

    町中を車で走っていると、遠くから破裂音のようなエンジン音が聞こ…

  2. 雑学

    タイヤ空気圧センサーの仕組みを整備士が分かりやすく解説

    車に日常的に乗っている人であれば、道路上に転がっている釘などの…

  3. 雑学

    車の給油ランプが点灯したら残り何キロ走行可能なのか?

    車を運転している人であれば、一度はガソリンが少なくなって冷や汗…

  4. 雑学

    ディズニーシーアトラクションのタートルトークの仕組みを考察

    ディズニーシーの人気アトラクションの一つとして、ファインディン…

  5. 雑学

    大発見!?外国人が聞いている日本語の聞こえ方を日本人が聞く方法

    空港などの多くの外国人が集まる場所へ行くと、各国の様々な言語が…

  6. 雑学

    犬に懐かれる人と懐かれない人の単純明快な違いを解説しよう

    ペットとして犬を飼っている家庭では実感する人が多いと思うのだが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. 雑学

    安いガソリンを車に使用するとインジェクションが故障する理由
  2. メンタルヘルス

    お清めの塩風呂に入ったら人生が好転した話をしたいと思う
  3. オピニオン

    普通免許で125ccバイクが乗れる規制緩和は完全なデマである
  4. 家電

    格安SIMを利用するなら必見のLINEのid検索を利用する裏技
  5. メンタルヘルス

    昼夜逆転を一発で改善する方法を伝授したいと思う
PAGE TOP