雑学

バイクの寿命は走行距離ではなく部品供給が終了した時である

現代の車やバイクというのは各所に使用されている部品の品質が向上して通常の使用範囲では壊れにくいのと言えるのだが、形があるものはいつか壊れてしまうのは当然である。その中でもバイクという乗り物に関しての寿命というものについて考えてみたいと思う。

一般的な認識では、車やバイクというのは経過年数よりも、走行距離で寿命というものを判断してしまう傾向がある。確かに乗り物というのは走行すれば消耗するのは当然であるのだが、走行距離=寿命というのは間違っており、例えミッションが故障したとしても修理をすれば現状回復は可能である。

しかし、エンジン系統などの故障によって部品の交換が必要になった際に、メーカー側からの部品供給が終了して修理ができなくなった場合には現状回復が難しいのは当然であり、中古部品でもパーツが出回っていない時点で一流の整備士であっても打つ手というのは無くなってしまう。

整備士の中には部品が供給されなくても直してしまうベテランもいるが、そのような整備士は少数派であり、まずメーカー側からの部品供給が終了した時点で故障が発生したバイクに関しては寿命を迎えることになる。そのために走行距離で寿命を判断するということは間違いという訳である。

部品供給の終了が寿命なんじゃないの?

関連記事

  1. 雑学

    車の車検が一切通らない不正改造例を自動車整備士が解説

    車好きにとって自分の車を改造するということは車を所有するという…

  2. 雑学

    安い酒は悪酔いする理由はアルコールの品質が原因ではない

    20歳を過ぎてお酒を嗜める年齢になると、若気の至りとして様々な…

  3. 雑学

    カイジ「利根川」の名言がニートの心に突き刺さる件

    多くのニートが今を楽しんでいると思う。しかし、ニートが最大に恐…

  4. 雑学

    時間を有効に使う秀才がYahooをトップページにしない理由

    あるアンケートで日本人の多くのネットユーザーはパソコンをスター…

  5. 雑学

    車検後の車が焦げ臭い原因について解説していきたいと思う。

    車検に車を整備工場に出して、無事車検が完了して納車をすると、若…

  6. 雑学

    バイクの正しい暖気方法について整備士が解説したいと思う

    現在新車として発売されているバイクというのは、殆どがインジェク…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オピニオン

    地元の企業に就職するデメリットは意外と多い事実
  2. 雑学

    バイクのキャブレターが詰まってしまう保管期間について
  3. メンタルヘルス

    楽に生きるために重要なことはプライドを捨てるということ
  4. 雑学

    スペアタイヤに代わるパンク修理キットについて解説
  5. カラダ

    禁煙に失敗してしまう人はタバコを絶つ概念を捨てる事が重要
PAGE TOP