雑学

バイクの寿命は走行距離ではなく部品供給が終了した時である

現代の車やバイクというのは各所に使用されている部品の品質が向上して通常の使用範囲では壊れにくいのと言えるのだが、形があるものはいつか壊れてしまうのは当然である。その中でもバイクという乗り物に関しての寿命というものについて考えてみたいと思う。

一般的な認識では、車やバイクというのは経過年数よりも、走行距離で寿命というものを判断してしまう傾向がある。確かに乗り物というのは走行すれば消耗するのは当然であるのだが、走行距離=寿命というのは間違っており、例えミッションが故障したとしても修理をすれば現状回復は可能である。

しかし、エンジン系統などの故障によって部品の交換が必要になった際に、メーカー側からの部品供給が終了して修理ができなくなった場合には現状回復が難しいのは当然であり、中古部品でもパーツが出回っていない時点で一流の整備士であっても打つ手というのは無くなってしまう。

整備士の中には部品が供給されなくても直してしまうベテランもいるが、そのような整備士は少数派であり、まずメーカー側からの部品供給が終了した時点で故障が発生したバイクに関しては寿命を迎えることになる。そのために走行距離で寿命を判断するということは間違いという訳である。

部品供給の終了が寿命なんじゃないの?

関連記事

  1. 雑学

    自立支援医療制度に必要な書類や手続きを解説してみる

    現在、精神疾患を患っており精神科や心療内科に通院している人は多…

  2. 雑学

    なんと原付にも実はスタッドレスタイヤが存在するという事実

    唐突だが、私は原付という小さいバイクが好きである。きっとこの記事を読ん…

  3. 雑学

    行政書士や司法書士などの難関資格は大手予備校を選ぶべし

    現在、様々な資格というものが存在しており、資格の数は山のように…

  4. 雑学

    前髪が長くて校則違反という学生必見の一時的に前髪を短くする方法を伝授

    中高生であればお洒落に気をつかう年頃であり、髪型にも拘る学生が…

  5. 雑学

    国際郵便の「国際交換局から発送」は何日で自宅へ届くのか?

    個人輸入などで海外から品物を注文する場合に、追跡サービスを利用…

  6. 雑学

    安いガソリンを車に使用するとインジェクションが故障する理由

    最近の車というのはエコを意識する車というのが殆どである訳であり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オピニオン

    デパス輸入禁止に文句を言っているアホ共に物申したいと思う
  2. ブログ運営

    検索順位の上位表示に効果的なブログの文字数は何文字が妥当?
  3. オピニオン

    うつ病社畜が口にする「仕事は辞められない」というアホな虚言
  4. メンタルヘルス

    自分を変えたいという意識があるならば直感力を重視すべし
  5. オピニオン

    いじめ問題でどちらが悪という議題は論するに値しない
PAGE TOP