メンタルヘルス

無趣味な人が最適な趣味を見つけるための心構えは簡単だ

人として生活していくというのは日常的に非常にストレスが蓄積されて、時には積もり積もったストレスを発散させる機会というものが必要である。しかし社会人となって労働を強いられるようになると自分の時間は会社という組織に拘束されてしまい趣味に充てられる時間というものが無くなってしまうものだ。

特に趣味というのは鬱のバロメーターとも表現できるものであり、日々のストレスが大きすぎて意欲が無くなって今まで多趣味であったのに一気に趣味に手つかずになってしまい、無趣味になってしまったという場合にはストレス過多の傾向があり、生活環境の改善を図る必要性がある。

だが、中にはストレスがあまりないにも関わらずに、休日になってもやることが一切ないという人も多くいる。このような無趣味な人というのは労働していると「なぜ労働をするのか?」という哲学的なことを考え始めて、最終的には「人生の中で寝ている時が一番幸せ」という思考回路になってしまう。

確かに私も人生の中での娯楽のランキングを上げると現実から切り離された睡眠時で夢を全く見ない無の状況が一番幸せであるのだが、これでは人として生活していく上で非常に悲しい訳だ。そのような無趣味に悩んでいる人はちょっとした心構えを持つことで趣味は容易に見つけることができる。

それは、物事に対して興味をもって実行するというプロセスにはリミッターを解除するということだ。例えば新しいことを始める際には実際に行動に移す前に様々なデメリットを考えてしまいがちであるが、自分が興味があることに関してはお金や労力を鑑みずに実際に行動に移してみて実行してみるということである。

人というのは物事の判断に関して5秒もあれば、様々なデメリットを考えてしまいリスク回避に逃げてしまうものであるのだが、脳の中でデメリットを陳列する前に直感で行動に移してしまえば行動力が生まれる。そして実際に体験してみて楽しいと感じるならばそれは自身にあった最適な趣味という訳だ。

趣味なんて直感で良いんじゃないの?

関連記事

  1. メンタルヘルス

    脱ひきこもりをして社会的リア充になるための方法

    現在、日本には多くの引きこもりと呼ばれる人達が多く居るが、その…

  2. メンタルヘルス

    5年間コミュニケーションを取らなかったらしゃべり方を忘れた件

    このKASEGERU4の運営者は引きこもりニート上がりのブロガーだ。簡…

  3. メンタルヘルス

    悩み事が頭から離れない時には「それは置いといて方式」が有効

    一つの問題に直面するとその悩み事が頭の中から離れなくなることは…

  4. メンタルヘルス

    状況に応じて自分を演じるペルソナ心理学の話が深い件

    人というのは誰しもが絶対的にペルソナという人格を持っている。聞…

  5. メンタルヘルス

    マンネリ化した日常を変えたいのなら行動範囲を広げるべき

    学生であれば、毎日学校に通って勉強をして帰宅して一日が終わる。…

  6. メンタルヘルス

    人生の決断を迫られた時に背中を押してくれる思考法を伝授

    人というのは一生の中で人生の決断を迫られる場面というのが度々起…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. ブログ運営

    ブログの執筆スタイルでは「ですます調」は使わない方が良い
  2. 家電

    評価の高いPCスピーカーJBL PEBBLESを購入レビューしよう
  3. 雑学

    エンジンオイルの上抜きはお勧めできるのか整備士が考察しよう
  4. ブログ運営

    無趣味な人は本当にブログを運営することをオススメします
  5. 雑学

    確定申告の厳しい書類チェックを一発クリアする裏技
PAGE TOP