雑学

固着したオイルエレメントの最終手段としての取り外し方

車やバイクには循環しているオイルをろ過するオイルエレメントというものが付いている。基本的に車などのオイルやエレメントというのはガレージジャッキでは取りにくい場所にあるために、車検の際やオイル交換時に整備士の手によって交換してもらうことが多いと思うのだが、中には自分で行う人もいることだろう。

オイルエレメントというのは、専門工具を使ってオーバートルクで締めてしまうと、取り外しの際に固着して専門工具を使用しても取り外せなくなることがある。この記事ではこのような固着して取り外せないオイルエレメントを緩めるための裏技を紹介したと思うので、固着して外せない人は参考にしてみて欲しい。

まず、固着したオイルエレメントというのは非常に厄介で特殊工具を駆使してメジャーな取り外し方を行っても一向に取れる気配というものがない。それに加えて整備士であればお客さんを待たしてオイルエレメントの交換をしているために時間による焦りも生まれてイライラが積もることだろう。

そのような時には、マイナスドライバーとハンマーとオイルの受け皿を用意して欲しい。これらが容易できたらマイナスドライバーでオイルエレメントの下部を叩いてエレメントを貫通させて溜まっているオイルを排出させる。この作業をしないと次の工程でオイルが体に付着することになるために必ず行って欲しい。

エレメント内のオイルの排出が完了したら、大きめのマイナスドライバーとハンマーを使用して緩む方向にオイルエレメントを叩いていくと振動によってエレメントが徐々に緩み始める。エレメントは非常に柔らかいために予めオイルを排出させておかないと穴が空いてオイルが直撃するために注意しよう。

最終手段とは言え、エレメントをマイナスドライバーとハンマーで衝撃を与えることはボディー側を傷めることに繋がるために、少し緩んだら特殊工具を使用して一気に緩めてしまうというのが固着したエレメントの手っ取り早い取り外し方という訳である。もし外れないならば参考にしてみて欲しいと思う。

衝撃は強いんじゃないの?

関連記事

  1. 雑学

    洗車の際に食器用洗剤を使用しても良いのか整備士が解説

    車を洗車しようと、準備に取り掛かっていると前に使用したカーシャ…

  2. 雑学

    人形の処分はどのようにして処分すれば良いのか解説

    物を処分しようと部屋の中を掃除していると、様々な粗大ゴミが出て…

  3. 雑学

    高確率で車を傷めてしまうジャッキアップ法を整備士が解説

    車を保有していて特に雪国では、冬になるとスタッドレスタイヤを装…

  4. 雑学

    車の平均寿命は10万キロという説は完全に間違っている理由

    車に乗っている人であれば、一度購入した車を長く乗り続けたいと思…

  5. 雑学

    車のブレーキを踏むと「キー」と異音がする場合は危険信号

    車というのは消耗品であり、一台の車を長く乗っている人や長距離を…

  6. 雑学

    セルフスタンドは裏でスタッフが遠隔操作で給油許可をしている

    ガソリンスタンドは有人のスタンドと自分で車に給油をするセルフス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オピニオン

    大手通販会社は運送会社に依存せず独自の配送体制を設けるべき
  2. 雑学

    メルカリの値引き交渉を柔軟に対応するコツ
  3. 家電

    夏場に気になる汗などはiPhoneの防水性能の対象外である
  4. オピニオン

    ニートが一発逆転を狙って起業を考えるのは無謀である
  5. メンタルヘルス

    外出すると死ぬ確立が高くなるので私は一生引きこもります。
PAGE TOP