雑学

固着したオイルエレメントの最終手段としての取り外し方

車やバイクには循環しているオイルをろ過するオイルエレメントというものが付いている。基本的に車などのオイルやエレメントというのはガレージジャッキでは取りにくい場所にあるために、車検の際やオイル交換時に整備士の手によって交換してもらうことが多いと思うのだが、中には自分で行う人もいることだろう。

オイルエレメントというのは、専門工具を使ってオーバートルクで締めてしまうと、取り外しの際に固着して専門工具を使用しても取り外せなくなることがある。この記事ではこのような固着して取り外せないオイルエレメントを緩めるための裏技を紹介したと思うので、固着して外せない人は参考にしてみて欲しい。

まず、固着したオイルエレメントというのは非常に厄介で特殊工具を駆使してメジャーな取り外し方を行っても一向に取れる気配というものがない。それに加えて整備士であればお客さんを待たしてオイルエレメントの交換をしているために時間による焦りも生まれてイライラが積もることだろう。

そのような時には、マイナスドライバーとハンマーとオイルの受け皿を用意して欲しい。これらが容易できたらマイナスドライバーでオイルエレメントの下部を叩いてエレメントを貫通させて溜まっているオイルを排出させる。この作業をしないと次の工程でオイルが体に付着することになるために必ず行って欲しい。

エレメント内のオイルの排出が完了したら、大きめのマイナスドライバーとハンマーを使用して緩む方向にオイルエレメントを叩いていくと振動によってエレメントが徐々に緩み始める。エレメントは非常に柔らかいために予めオイルを排出させておかないと穴が空いてオイルが直撃するために注意しよう。

最終手段とは言え、エレメントをマイナスドライバーとハンマーで衝撃を与えることはボディー側を傷めることに繋がるために、少し緩んだら特殊工具を使用して一気に緩めてしまうというのが固着したエレメントの手っ取り早い取り外し方という訳である。もし外れないならば参考にしてみて欲しいと思う。

衝撃は強いんじゃないの?

関連記事

  1. 雑学

    コーティング剤の代表格であるゼロウォーターを整備士が試す

    車を保有している人であれば、一度は洗車を必ず行った経験はあると…

  2. 雑学

    キャブレターとインジェクションの決定的な違いを解説

    主にバイクの購入を検討している人の中で、中古バイクの購入を考え…

  3. 雑学

    バイクのキャブレターが詰まってしまう保管期間について

    現在、新車で発売されている殆どのバイクはひと昔前の機械式のキャ…

  4. 雑学

    クレジットカードの審査が厳しくなるスーパーホワイトとは?

    社会人であれば一枚はクレジットカードは保有している人が多いと思…

  5. 雑学

    自動車の純正部品はどこで入手すれば良いのか整備士が解説

    車好きな人にとっては、単純なカスタムだけではなく、自分の車は自…

  6. 雑学

    長財布からマネークリップに変えたら人生が変わった件

    人が日常生活を送っていく上での必需品と言えば一体何が思い浮かぶ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. 雑学

    ネズミ捕りを対向車にパッシングで教えるのは公務執行妨害罪?
  2. オピニオン

    働くよりニートである状況の方が100%辛い
  3. 家電

    最強の目覚まし時計「スーパーライデン」がやはり凄すぎた件
  4. オピニオン

    残業という労働時間を悪と決めつけるのは間違っている
  5. オピニオン

    田舎には娯楽が何もないと主張する輩は田舎の本質を理解せよ
PAGE TOP