雑学

バイクのキャブレターが詰まってしまう保管期間について

現在、新車で発売されている殆どのバイクはひと昔前の機械式のキャブレターと異なって、コンピューター制御で燃料を噴射するインジェクションに移り変わっている訳であるのだが、まだまだ中古車市場ではバイクのキャブレターというのは現役であり、キャブを好んで乗る人も大勢いる。

しかし、キャブレターというのはインジェクションと異なり、キャブのフロート室に長期間ガソリンを貯めておくとメインジェットやパイロットジェットなどの一ミリ程度の小さな穴に劣化したガソリンが詰まることによって長期保管からエンジンを始動させるとエンジンの調子が非常に悪くなる。

バイクというのは車と違って趣味性の高い乗り物であり、休日の晴れた日にツーリングに出かける人が多く、梅雨時期や冬場になると長期保管をする傾向が強い。ここで気になるのがバイクの長期保管によってキャブが詰まって調子が悪くなる期間という問題ではないだろうか。

この疑問に対しては約半年程度保管をしておくと、キャブが詰まってエンジン不調を招く確率が高くなるというのが率直な答えである。ガソリンの劣化は1カ月程度は大きな劣化は見られないのだが、半年程度の期間を開けてしまうと次第にガソリンが劣化してキャブが詰まってしまうことが多い。

これを防ぐためには、最低でも一か月に2回程度はアイドリング状態でも良いのでエンジンを始動するというのが一番効率が良いキャブ詰まりを防ぐ方法であり、定期的にエンジンを始動させて出来るならば短距離でも良いので走らせるということが後のトラブルを防ぐための対処法なのである。

半年程度なんじゃないの?

関連記事

  1. 雑学

    眼鏡の正しいお手入れの方法の3手順を解説していこう

    視力が悪い人というのは日常生活はコンタクトレンズで過ごしていた…

  2. 雑学

    車のサイドミラーが破損した場合の修理費用を整備士が解説

    車を保有している人であれば自分の車に傷をつけたくないと思うのは…

  3. 雑学

    LINEで削除してしまった友達を復活させる際の最終手段を解説

    スマホを保有している人のコミュニケーションツールとしてLINE…

  4. 雑学

    キャブレターとインジェクションの決定的な違いを解説

    主にバイクの購入を検討している人の中で、中古バイクの購入を考え…

  5. 雑学

    マニュアル車のクラッチ板が滑っている際に起こる具体例

    最近では公道を走っている8割の車はAT車であり、マニュアル車の…

  6. 雑学

    確定申告を郵送で行うための全手順を解説していこう

    確定申告を税務署に提出する方法には大きく分けて三種類あり、作成…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オピニオン

    バイクでのツーリングには目的地を決める必要など皆無に等しい
  2. ブログ運営

    本気でブログを執筆するのは今すぐ止めるべき納得の理由
  3. 雑学

    自動車のクラッチ板交換が高額請求になる理由を整備士が解説
  4. 家電

    使う機会が滅多にないScrollLockキーの用途について解説
  5. ブログ運営

    ブロガーには批判コメントを気にしている暇など無いという話
PAGE TOP