雑学

バイクのキャブレターが詰まってしまう保管期間について

現在、新車で発売されている殆どのバイクはひと昔前の機械式のキャブレターと異なって、コンピューター制御で燃料を噴射するインジェクションに移り変わっている訳であるのだが、まだまだ中古車市場ではバイクのキャブレターというのは現役であり、キャブを好んで乗る人も大勢いる。

しかし、キャブレターというのはインジェクションと異なり、キャブのフロート室に長期間ガソリンを貯めておくとメインジェットやパイロットジェットなどの一ミリ程度の小さな穴に劣化したガソリンが詰まることによって長期保管からエンジンを始動させるとエンジンの調子が非常に悪くなる。

バイクというのは車と違って趣味性の高い乗り物であり、休日の晴れた日にツーリングに出かける人が多く、梅雨時期や冬場になると長期保管をする傾向が強い。ここで気になるのがバイクの長期保管によってキャブが詰まって調子が悪くなる期間という問題ではないだろうか。

この疑問に対しては約半年程度保管をしておくと、キャブが詰まってエンジン不調を招く確率が高くなるというのが率直な答えである。ガソリンの劣化は1カ月程度は大きな劣化は見られないのだが、半年程度の期間を開けてしまうと次第にガソリンが劣化してキャブが詰まってしまうことが多い。

これを防ぐためには、最低でも一か月に2回程度はアイドリング状態でも良いのでエンジンを始動するというのが一番効率が良いキャブ詰まりを防ぐ方法であり、定期的にエンジンを始動させて出来るならば短距離でも良いので走らせるということが後のトラブルを防ぐための対処法なのである。

半年程度なんじゃないの?

関連記事

  1. 雑学

    デジハリオンラインスクールの最上級講座を受講してみた件

    「手に職をつける」なんと良い響きなのだろうか?誰でもできるようなロボッ…

  2. 雑学

    時間を有効に使う秀才がYahooをトップページにしない理由

    あるアンケートで日本人の多くのネットユーザーはパソコンをスター…

  3. 雑学

    オイルエレメントはセルフで交換することをお勧めできない理由

    車を保有しているドライバーはメンテナンスの一環としてオイル交換…

  4. 雑学

    安いガソリンを車に使用するとインジェクションが故障する理由

    最近の車というのはエコを意識する車というのが殆どである訳であり…

  5. 雑学

    部屋にアシダカグモが出没しても退治してはいけない理由

    子供の頃には虫に触る事ができたのに、大人になった今では虫を見る…

  6. 雑学

    副業所得が20万を超えても確定申告をしなくて良い事例を紹介

    この時期になると、個人事業主や副業で副業所得が20万円を超えた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. ブログ運営

    ブロガーは実名と顔出しをするのが当たり前なんじゃないの?
  2. 雑学

    車の車検が一切通らない不正改造例を自動車整備士が解説
  3. オピニオン

    新人コンビニバイトの恐怖の瞬間である現金過不足について解説
  4. ブログ運営

    ブログ記事でフリー素材を多用するのはバカの極みである
  5. ブログ運営

    読者目線でブログ記事を執筆するとつまらない記事の量産になる
PAGE TOP