雑学

バイクのキャブレターが詰まってしまう保管期間について

現在、新車で発売されている殆どのバイクはひと昔前の機械式のキャブレターと異なって、コンピューター制御で燃料を噴射するインジェクションに移り変わっている訳であるのだが、まだまだ中古車市場ではバイクのキャブレターというのは現役であり、キャブを好んで乗る人も大勢いる。

しかし、キャブレターというのはインジェクションと異なり、キャブのフロート室に長期間ガソリンを貯めておくとメインジェットやパイロットジェットなどの一ミリ程度の小さな穴に劣化したガソリンが詰まることによって長期保管からエンジンを始動させるとエンジンの調子が非常に悪くなる。

バイクというのは車と違って趣味性の高い乗り物であり、休日の晴れた日にツーリングに出かける人が多く、梅雨時期や冬場になると長期保管をする傾向が強い。ここで気になるのがバイクの長期保管によってキャブが詰まって調子が悪くなる期間という問題ではないだろうか。

この疑問に対しては約半年程度保管をしておくと、キャブが詰まってエンジン不調を招く確率が高くなるというのが率直な答えである。ガソリンの劣化は1カ月程度は大きな劣化は見られないのだが、半年程度の期間を開けてしまうと次第にガソリンが劣化してキャブが詰まってしまうことが多い。

これを防ぐためには、最低でも一か月に2回程度はアイドリング状態でも良いのでエンジンを始動するというのが一番効率が良いキャブ詰まりを防ぐ方法であり、定期的にエンジンを始動させて出来るならば短距離でも良いので走らせるということが後のトラブルを防ぐための対処法なのである。

半年程度なんじゃないの?

関連記事

  1. 雑学

    カーナビの取り付けは自分で行った方が良い理由を解説しよう

    車にカーナビが付いていな場合で、遠出をする際にカーナビを取り付…

  2. 雑学

    スペアタイヤに代わるパンク修理キットについて解説

    車に乗っている人であれば、町中を走っていると突然タイヤがパンク…

  3. 雑学

    セルフスタンドは裏でスタッフが遠隔操作で給油許可をしている

    ガソリンスタンドは有人のスタンドと自分で車に給油をするセルフス…

  4. 雑学

    最近の車検では法定検査で問題ない部品を交換している事実

    車を所有している人であれば、車検は必ず受けなければならないのは…

  5. 雑学

    眼鏡には超音波洗浄機の使用は推奨されない理由を解説

    多くの眼鏡店などには、手洗いでは落ちない汚れを簡単に落とすこと…

  6. 雑学

    最近のお葬式でお清めの塩を配布しない納得の理由

    お葬式などに出向くと、火葬場の出口で必ずと言って良いほどお清め…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. 雑学

    一度撮影した証明写真を何度も再利用する簡単な方法を伝授
  2. ブログ運営

    サーチコンソールの更新がストップしても心配する必要性はない
  3. オピニオン

    真面目系クズの特徴と思考を徹底的に解説したいと思う
  4. 雑学

    エレクトロタップから電源を取る方法はお勧めできない理由
  5. ブログ運営

    ブログ記事でフリー素材を多用するのはバカの極みである
PAGE TOP