メンタルヘルス

睡眠薬や抗不安剤を飲むと太るって言われているけどホント!?

今は国民病とも言われている不眠症。布団に入って直ぐに寝れるならこれ以上の幸せはないだろう。しかし、布団に入って中々寝付けない事が続くと心底疲れてしまう。

そして心療内科を受診すると処方される「睡眠薬」これは睡眠を助けてくれる薬である一方、使い方を間違えると依存してしまうこともある薬だ。

そしてこの睡眠薬を飲むと「太る」という事を聞いた事はないだろうか?あの小さい1錠に数千カロリーも凝縮されているのだろうか?今回はそんな疑問について解説したいと思う。

Q 睡眠薬は太るのか?

A 睡眠薬を飲んでも太らない

睡眠薬を飲んでも太るという事はありえないし、太りやすい体質になってしまうという事もない。しかしなぜ睡眠薬を飲むと太ると言われているのだろうか?それは、睡眠薬や抗不安剤の副作用に答えがある。

睡眠薬や抗不安剤の副作用として「食用亢進」という副作用がある。この食欲亢進とは、食べたいという感情が急激に高まることを意味する。

睡眠薬で太る意味

睡眠薬の場合は抗不安剤と違って寝る前に服用するため、関係の無いものと思われてしまうが、睡眠薬を飲んだ後に起きていると急激に食欲が旺盛になることがある。これが食欲亢進というものだ。

そのため、当たり前の事だが睡眠薬を服用したら必ず床に就く事が重要で、動き回る事が無いようにしなければいけない。この用に正しく服用をすれば睡眠薬で太ると行く事は決してないのだ。

抗不安剤で太る意味

抗不安剤の場合も同様で、服用する前はうつ状態で食欲が低下していた、しかし、抗不安剤を服用することで食欲が旺盛になり、体重が増加したと勘違いしてしまうのだ。

抗不安剤の副作用として、もう一つ挙げられるのは、抗不安剤を服用すると満腹中核が刺激されにくくなり、通常の量では満腹感を感じにくくなってしまうという副作用だ。

これは通常であれば茶碗1杯で満足するのに対し、2杯食べても満腹感を感じにくくなるということを意味する。そのため通常より多い量を食べてしまい、体重が増加してしまうという訳だ。

睡眠薬や抗不安剤で太らないために注意すべき事

睡眠薬を飲んだら直ぐに床に就くことが重要になる。抗不安剤を飲んだ場合はいつもより食事に注意して、満腹感を感じなくても食事を抑える事が太らないために重要となることだ。

関連記事

  1. メンタルヘルス

    対人恐怖症に陥っている人は人間を喋る動物だと思い込め

    何等かの人間トラブルなどで人間が怖くなってしまい人前に出るとい…

  2. メンタルヘルス

    サボり癖の克服方法は束縛から解放させてあげることである。

    学生であれば学校が面倒くさいから仮病を使って休む、会社員であれ…

  3. メンタルヘルス

    物に依存しない物質主義を捨てた人が求める幸せの定理

    小学生の頃にはゲーム機やソフトなど様々な物欲が強かったにも関わ…

  4. メンタルヘルス

    やんちゃ坊主は大人になると感受性豊かな人間性になる

    親からしてみれば子供の性格を気にかけて、優しい人間性になってほ…

  5. メンタルヘルス

    他人から嫌われる性格は日常生活で特をするメリットが多い

    日本人という国民性を読み解いてみると、真面目や本音と建前などが…

  6. メンタルヘルス

    新学期早々にぼっち確定になってしまった学生に助言しよう

    4月というのは学生であれば進学などで新たな交流関係を築き、社会…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オピニオン

    意味のない貯金をしている人が家計簿を付けてはいけない理由
  2. メンタルヘルス

    人生に悩んだ時は宇宙の規模を知ると気分が楽になる
  3. 雑学

    梱包用ダンボール箱を自宅に保管するとゴキブリが繁殖する
  4. 雑学

    夏場の車のエアコンを上手に使い燃費を向上させる裏技を紹介
  5. ブログ運営

    会社員ブロガーが限られた時間の中で記事を量産するコツ
PAGE TOP