ブログ運営

NAVERまとめを利用して自分のブログへリンクを促す行為は規約違反ではない

NAVERまとめはとにかくSEOに強く、検索上位に数多く置かれているのでネットに詳しくない人でも聞いたことがある人は多いだろう。

そんなNAVERまとめから自分のブログへリンクを張ることは規約違反になるのかという事について運営に問い合わせてみたので今回はその回答を紹介したいと思う。

NAVERまとめのリンクに関する規約

  • まとめ非表示、アカウント停止が検討されるケース
  • コメント欄を使用したまとめの宣伝活動(自作まとめのコメント欄も含む)
  • 商用利用(ECサイト、アフィリエイトサイト、自社サイト・サービスの告知・誘導)
  • 商用・非商用を問わず、特定サイトへの誘導を目的としていると考えられる行為
  • 一つの情報ソースを細切れにしただけの転載
  • 情報ソースの全文コピー
  • まとめタイトルと中身の著しい不一致
  • twitterやfacebookなどソーシャルメディアにおいて、弊社が悪質だと判断する過度な集客行為があった場合
    ※ポスト内容とポスト内で紹介されるリンク先の不一致、botによるまとめの機械的な連続ポスト、弊社ロゴを無断利用したbot、オフィシャルと誤認するbot名の利用などが該当します
  • その他、法令、および弊社利用規約に反する行為全般

この規約を読むと特定のサイトへの誘導を目的としているまとめを作成するとアカウント停止等の処置が検討されるらしい。

しかし、この特定サイトへの誘導というのが非常に曖昧だ。どのような表現をすれば特定のサイトへの誘導とみなされるのか具体的な記載が無いためだ。

これでは作成したまとめに関連する自分のブログリンクを張ったとしても、特定のサイト誘導といわれても文句は言えない。これは早急に確認する必要がある。

 NAVERまとめ運営へ確認

質問内容

naver回答2

今回NAVER側に確認する質問内容としては「作成したまとめに関連する内容の自分のブログ記事をまとめに貼り付けても規約違反とはならないのか?」という点だ。

要するに、NAVERでまとめを作成して、自分のブログ記事にまとめに関連する内容がある場合にブログ記事をリンクとして貼り付けても問題は無いか?ということだ。

回答

naver回答

NAVER側の回答としては「ご自信のブログURLを掲載すること自体は問題はない」ということだ。しかしNAVER側で特定のサイト誘導であると判断した場合には制限対象となるということだ。これは結構太っ腹なのではないだろうか?

 特定のサイト誘導とは

naver3

これは私の見解なのだが、NAVER側が制限をする対象となる「特定のサイト誘導」については、まとめのトップにリンクを張ったり、文字でクリックを促すような事を指しているのではないかと予想する。

通常の注目まとめに掲載されるレベルのまとめを作成して、下記にリンクとして張る分には私の場合は全く制限対象とはならなかった。

しかしその点に関してはNAVER側の匙加減で変わるので注意していただきたい。NAVERまとめをしているブロガーなどはNAVERの力を少し借りてみるという手もあるだろう。

関連記事

  1. ブログ運営

    アフィリエイター御用達の賢威を辛口レビューしてやろうと思う

    これからアフィリエイトを始めようと考えている人の中で、レンタル…

  2. ブログ運営

    お年寄りはブログを執筆する習慣を付けるべきなんじゃないの?

    最近では、80歳を過ぎたお年寄りが若い者に負けずとパソコン等の…

  3. ブログ運営

    ブログの毎日更新はブロガーを目指すならば避けるべきである

    これからブログを始めたいと思っている初心者ブロガーの人たちとい…

  4. ブログ運営

    NAVERまとめは不労所得になるのか考察してみたいと思う

    誰でもネット上に書かれている文章を一つのページにまとめることが…

  5. ブログ運営

    一時のアクセス数の低下で落胆するブロガーは二流である

    ブロガーとして日常的にブログを執筆している人の活力は何かと聞け…

  6. ブログ運営

    chromeに実装される広告ブロック機能についての真意

    現在パソコンでのインターネット閲覧のブラウザーで首位を獲得して…

コメント

  1. ありがとうございます。
    never で集客してみます

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. 音楽

    なぜSEKAI NO OWARIはネットで叩かれやすいのか?
  2. オピニオン

    日本人がブランド品に拘る理由は飽きれるほどの個性の欠損だ
  3. オピニオン

    ランキングサイト等の情報を絶対に信用してはいけない理由
  4. オピニオン

    ネット情報が与える心理的な負の影響は計り知れないものがある
  5. 雑学

    車のサイドミラーを破損してしまった場合の修理費用は高額だ
PAGE TOP