稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

ステータスとかw今はクレジットではなくデビットカードの時代ですよ

   

決済

カードと言ったらクレジットカードを想像する人が多いと思うが、なぜクレジットカードを好んで持つのか私は疑問だ。デビットカードという革新的なカードがあるのにだ。

クレジットカードを知らない人はいないと思うが、デビットカードを知らないという人はかなり多い。デビットカードとは簡潔に説明すると、預金口座に紐付けされた即時決済カードのことだ。

銀行がカードを発行し、支払い取引の際に使用すると代金が口座から即引き落とされる仕組みとなっている。VISA、JCBなどの電子決済の国際ブランドも参入し、クレジットカードの仕組みを流用しているものがあるが、原則として口座残高を超えない範囲で使用できる。

デビットカードの一番の特長として、即引き落とされるので使いすぎる心配がないということだ。クレジットカードは後日、まとめて請求されるため、使いすぎという自らの金銭感覚の乏しさを実感した人も大いにいるだろう。

そんな人はクレジットを止めてデビットにするのがおススメだ!使ったら即に利用明細が届くし、使いすぎるという心配がないため安心してカードで買い物をすることができる。

デビットカードのメリット

デビットカードjcb

VisaやJCB加盟店使える

デビットカードはクレジットカードと比べて、公共料金の支払いなどに制限が設けられている場合があるが、それらを除いて多くの加盟店でカードを使用することができる。

楽天銀行デビットカードであれば、口座残高が1万円以上入金されていればガソリンスタンドでの支払いにも使う事が可能となっている。

使いすぎる心配が無い

クレジットカードのクレジットとは信用のことだ。カード発行会社はあなたに返済能力があることを信用してお金を前払いしてくれる訳だが、これは金銭感覚を狂わす。

一方、デビットカードであれば使用した金額が即引き落とされるシステムとなっているので使いすぎる心配がない。そのため現金のような感覚で使う事ができる。

JCBデビットは年会費が永年無料

デビットカードといえばVisaデビットカードのシェアがとても多かったのだが、近年JCBカードもデビットカードに進出してJCBデビットカードという新たカードが加わった。

VIsaデビットの場合は年会費に1029円必要だったのだが、このJCBカードの一番のメリットは年会費が永年無料という事でユーザーを増やしている。

16歳からカードが持てる

デビットカードは審査は必要ない。その理由として口座にある金額しか使う事ができないからだ。そのため申し込み年齢を16歳と低く設定されている。

これは将来的にクレジットカードを所有する際にカード特有の金銭感覚を身に着けるという点を考えてもデビットカードは活躍する。

利用限度額の設定が可能

デビットカードでは利用限度額の設定がネットで気軽に決めることができる。そのため普段の使いすぎを防ぐ効果や盗難・紛失の際に被害を最小限に食い止める事ができる。

そしてデビットカードではカードを使用するとメールで利用明細のお知らせが届くように設定することも可能となっている。

楽天銀行ではゴールドカードも用意されている

デビットカード

このデビットカードは楽天銀行から発行されている。年会費は3086円と、少々高めだが通常のカードと比べてゴールドカード会員限定の特典が多く用意されている。

その特典の一部を紹介すると、Visaゴールド国際線クロックサービス・プライオリティバス・Visaゴールドライフサポート・Visaゴールド鞄リペア&クリーニングサービス・Visaゴールド航空宅配・Viasモバイルwifiルーターレンタル・Visaゴールド電子書籍となっている。海外旅行を頻繁に行うユーザーは特典を十分に有効活用できるだろう。

その他にも、ゴールどカードを持ちたいが事情があって持つことが出来ない人にも、デビットカードであればゴールドカードも無審査で持つことが可能なためオススメだ。

 - 雑学