稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

心の不調の際は精神科と心療内科どちらを受診すれば良いの?

   

泣く

今や心の不調を訴える人は珍しく無くなり、多くの人が診察のため病院に足を運んでいる。そして初めて心の不調で病院の受診を受ける際に迷ってしまうのが精神科と心療内科のどちらを受診すれば良いのかという事だ。

病院によっては精神科という名前を使わずに神経内科やカウンセリングという似た科名を使っているところもあり、混乱してしまう人も多いのだ。

今回は多くの病院で使われているが違いが分かりにくい精神科と心療内科の違いについて理解し、それぞれどのような特徴があるのか知っておこう。

精神科と心療内科の違い

精神科

精神科は昔から広く使われてきた名称で、心の病気といったら精神科と言われるほど認知度が高い。この精神科で診察が可能な症状はうつ病や社会不安障害などの心に関する病気が専門だ。

心に関する幅広い症状を診察することができ、精神科で診察の対象となる具体的な症状は、幻聴・妄想・イライラ・不眠という心に関する不調の場合が診察対象となっている。

心に関する診察が精神科の主な役目なので、心の不調に関する病気の根本的な原因を治療を行う場合には精神科を受診するという事を覚えておこう。

具体的にはストレスでいつも気持ちが落ち込んでいるが、体には特に異常が見られない場合には心の治療が必要になる。そのためこの場合には精神科を受診することになる。

心療内科

心療内科とは精神科と異なり、心の病気が根本的な原因となって体にも不調が表れた場合は心療内科の専門となる。

心療内科で診察の対象となる症状は、ストレスによる胃痛・手の震え・ストレスによる動悸・胸の痛みなどが診察の対象となっている。

心の病が原因となって体にも不調が表れる場合には、心と体の両方の治療が必要となるため心療内科の受診が必要となるわけだ。

ストレスで胃痛などの心の不調だけでなく、体の不調も伴って調子が悪い場合には精神科ではなく、心療内科での受診が必要になるということを理解しておこう。

どちらか判断がつかない場合には心療内科で受診を

悩む

素人では症状から精神科か心療内科か判断が難しい場合がある。そのような場合には難しく考えずに心療内科を受診する事をオススメする。

これまで精神科と心療内科の違いについて説明してきたが、実は病院によってはこれらの判別が曖昧な場合があるのだ。例えば精神科と書かれていても実は心療内科の症状も同時に診察してくれる場合など。

患者が判断をしなくても医師は患者の症状を見て的確な治療を行ってくれるので、深く考えずに迷った場合には心療内科で予約をすれば良いというのが答えだ。

 - メンタルヘルス