稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

体に謎の不調が表れる自律神経失調症とは?

   

自律神経という言葉を聞いたことがある人は多いのではないだろうか。この自律神経とはカラダの基礎的な働きを伝える神経なのだが、この働きが上手くいかずに起こるカラダの不調を自律神経失調症という。

カラダに謎の不調が表れるなどして、病院の診察を受けても異常ナシ。それはこの自律神経という神経に原因があるのかもしれない。この自律神経とはカラダの基礎的な動きをコントロールする神経のことで、カラダの中の基礎的な動きを制御している。

このカラダの働きを制御する自律神経に異常があると、めまいや集中力の低下、不眠など原因は特定できないのだがカラダの不調が表れてくるという訳だ。

自律神経失調症が考えられる主な症状

体調不良

特定できないカラダの不調と説明したが、自律神経失調症のは人によって症状が異なるという点が自律神経失調症の主な特徴となる。

自律神経失調症の症状は頭痛・のどの違和感・手のしびれ・肩こり・落ち込むなど人によって症状が様々異なるのだ。そのため病院などで検査を行っても発見できずに原因不明と診断されることが多い。

自律神経失調症の主な症状として、集中力の低下等の症状が挙げられる。具体的なものとして頭痛・疲れ・めまい・不眠・うつなどの症状が表れることが多い。

そしてカラダの不調も自律神経失調症では多く、耳鳴り・動悸・立ちくらみ・痺れ・食欲の低下なども表れることが多い。このように自律神経失調症は様々な症状が発症する。

自律神経失調症が発症する2つの要素

説明

生活のリズムが乱れている

自律神経失調症になる根本的な原因は神経のリズムが乱れるということにある。この神経リズムの乱れを作り出してしまうのが夜更かしであったり、昼夜逆転の生活をしているなどである。

神経というのは元々、昼に活動する事を前提としてプログラムされている。しかし不規則な生活をしていると神経バランスが崩れ、体調に不具合が出てしまうという訳だ。

ストレス

思い出して欲しいのだが、大勢の前で発表しなければいけない場でお腹が痛くなった経験は無いだろうか?これはストレスにより腸のバランスが崩れてしまったためだ。

長時間ストレスを感じると、体はストレスを廃除しようとするのだが、この廃除しようとする力が強すぎると神経のバランスが崩れてしまう。汗や震えなどもストレスに晒されているため自律神経が敏感になっているため起こる症状だ。

 自律神経失調症の対処法

悩み

生活習慣の改善

自律神経失調症は生活習慣の乱れによって発症するので、まず生活習慣を見直す機会を持つことが大切だ。特に昼夜逆転をしている人は自律神経が乱れやすいので注意が必要だ。

そして、生活習慣の改善ができたのなら、副交感神経を高めることが重要になる。手軽に副交感神経を高める方法として毎日運動を15分ほど行う習慣をつけると良いだろう。

薬で改善

自律神経失調症という結果を受けると多くの場合は薬で改善を図る。その際に使われる薬は精神安定剤などの神経の動きをおだやかにさせる作用を持つ薬が使われる。

その他にも自律神経を整えるためのビタミン剤やホルモン剤などが使われることもある。薬も用いて治療を行う際にも生活環境の改善は必要になるので注意をするように。

 - カラダ