稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

錆びる気配全く無し!エリクサー弦が弦業界を震撼させている件

   

音楽は聞くことが好きな人と楽器を演奏することが好きな人に分けられるが、楽器を演奏する人はメンテナンスでお財布の中が空っぽなんてこともあるだろう。音楽という趣味には以外にお金が必要になるのだ。

特に学生などには楽器のメンテナンス費用がかなりの痛手となっている人も多くいるだろう。そのような人にオススメしたいのがエリクサー弦だ。

ギターを弾いている人なら知らない人はいないであろう「エリクサー弦」この弦は他の弦とは違いコーティング弦と呼ばれる特殊な弦となっていて、とにかく錆びない。

エリクサーとは?

エリクサー

ギターの弦というのは錆びやすい素材で出来ている。この錆びた弦で演奏を行うと音の劣化が大きく目立つようになってしまいとても演奏できたものではなくなってしまう。

なぜ弦が駄目になってしまうのか?その理由は角質や汗などが演奏をするたびに弦に蓄積されていくからなのだ。ならばこの弦をコーティングしてしまい、錆びの根本的な原因となる汚れを寄せ付けなければ良いよいう考えに基づいて作られたのがエリクサーという訳だ。

エリクサー弦の特長

とにかく錆びない

モッキンバード

この弦は特殊な防腐加工を施しており、とにかく超寿命なのだ。私は長年アーニーボールを使用してきたのだが、これがとにかく錆びる。

この弦はライブ等の本番で使用する弦ということ承知していたが、最初の気持ちの良い音色はたったの1週間で消えてしまうアーニーボール。

一方、エリクサーを使用してからは一般的な弦と比べて3~5倍の超寿命をキャッチコピーとして販売しているので、これがなかなか錆びない。

このエリクサー弦は4ヶ月ほど使用しているのだが、まだ錆びる気配は無い。コーティングしていない弦だとヤスリ状態になっているだろう。

フレットの磨り減りを軽減

モッキンバード2

ギターに必要となるメンテナンス費用は弦のみではない。ギターという楽器は多くの消耗品の組み合わせで作られている、その中でも演奏に影響を与える部品がフレットだ。

このフレットはどのような弦を使っていても磨り減っていくものなのだが、弦交換が面倒だからと言って、交換をしないまま使い続けると錆びた弦でフレットが削れてしまうのだ。

しかしエリクサーを使ってからは錆びることが無くなったため、フレットの磨り減りがとても減った。これは弦交換の費用だけでなくメンテナンス費用も軽減できる。

メンテナンス費用を抑えることが出来る

お金 イメージ

一般的な弦が400~800円の価格帯に対して、エリクサーは約1000円近い高価な弦だ。しかし弦を切らなければ4ヶ月は使えるので結果的に費用を抑えることができる。

毎日ギターを演奏しても錆びは付きにくいため、たまに演奏する人ならばもっと寿命は長くなるだろう。きっと半年は使えると私は思っている。

しかし、弦を切ってしまっては元も子もないので、お金の無い学生などは弦交換に慣れて、弦を切る事が無くなったのならこのコーティング弦を試してみる事をオススメする。

 - 音楽