稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

禁酒をする事で得られる人生のメリットとは?

      2015/05/15

大人になりコーラよりワインの方が美味しいと感じてしまうようになる大人の舌事情、お酒を飲みすぎて一度は禁酒を考えた人も多いだろう。

しかし禁酒が出来ないという情けない結果に終わる人が多い、禁煙でも同じ事が言えるのだが、何かの欲を制限しているときは違う方法で開放してあげることが重要になってくるのだ。

最初はキツイ禁酒だが行う事で得られる物は意外と大きい。ここでは禁酒をする事によって身体的だけではないメリットを紹介してみようと思う。

禁酒で得られるメリット

1.体が楽になる

これが一番変化を感じやすいだろう、アルコールを飲む事によって体の不調を訴える人は多いのだ、その代表的な症状が二日酔いだろう。

日本人は寝酒として睡眠薬代わりで摂取してる人が多いと聞く、しかし寝酒は昔から言われているように睡眠を妨げるものだ、休肝日を設けた翌日の体の軽さにびっくりする。

2.美容効果

お酒を飲むと顔がむくんでしまうと言う人も多いだろう、禁酒をして感じたのだが2週間ほど経つと顔のむくみが取れてスッキリとした顔立ちになっているように感じた。

調べてみると酒を断つと若返るという調査結果もあるらしく実際にその写真では顔のむくみや赤みが取れてスッキリとした顔立ちになっていた。

3.経済的余裕

お酒を止める事で月に1回美味しいものが食べられるほどの余裕が生まれたらハッピーではないだろうか?お酒は決して安くないのだ。

考えてみると禁酒をする事で今までお酒に当てていたお金が、美味しいものを食べられるお金に変わるということは幸せではないだろうか?

お酒に当てていたお金を貯金箱の中に入れて月に一回あけてみるとこんなに貯まっていたのかとびっくりするはずである。

禁酒をするデメリット

1.コミュニケーションツールを失う

お酒は万国共通「万能コミュニケーションツール」である。これを失うと飲み会の席などで村八分にされてしまう可能性が高い。

飲まなければいけない席では場の空気を乱さないため少量飲む、飲んだふりなど工夫が必要になってくるのだ!そのため事前に断る言い訳を考えておく事が大事である。といっても大概飲まされる。

2.寝れなくなる

冒頭でも書いたが日本人はお酒を睡眠薬代わりとして使っている人が多い、そのため禁酒をすると寝れないという事が起こってしまう。

そもそもアルコールを寝酒代わりに使う事自体がおかしい事であり寝れないのなら医療機関の診察をおススメする次第だ。

 - カラダ