稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

GoogleAdSenseからPIN情報の手紙が届いた一流運営者へ

   

パソコン

ブログやサイトを運営している人なら一度は聞いたことのあるであろうGoogleAdoSenseという収益プログラム。多くの訪問者を獲得しているサイトであれば必ずと言って良いほど掲載されている。

このGoogleAdoSenseは事前審査をクリアすれば誰でもサイトに広告を掲載して収益を上げることができるが、多くの運営者はお小遣い程度も稼げていないのが現状だ。

その中で、Googleから収益支払いの見込みがある運営者にはあるプレゼントが贈られることをご存知だろうか。そうGoogleAdoSenseのPIN情報の手紙だ。

きっと多くのサイト運営者はこの大手Googleから手紙を貰えることを一つのステータスとしているはずだ。そして貰った人は破り捨てたりせずに大事に保管しているだろう。

GoogleAdoSenseのPIN情報の手紙

グーグル 手紙

GoogleAdoSenseのPIN情報の手紙とは、簡単に説明するとGoogleから収益を支払うための住所確認と覚えておけば良いだろう。

Googleといえども、登録した際の情報が本当の情報なのかWEB上では分からない。そのため本当に登録されている住所情報は正しいのか郵送で確認を行うのだ。

このうれしいGoogleからの手紙はAdoSense広告を貼った全ての運営者に送られる訳ではない。冒頭で説明した通り、収益の支払い見込みのある運営者に送られてくるのだ。

このPIN情報の手紙が送られてくる基準は収益額が1000円を超えた辺りだ。AdoSenseページ上で「住所確認が必要」と表示がされたらこの手紙が送られてくる。

①PINの入力

このGoogleAdoSenseの手紙が届いた際に必ず行わなければいけない事が、手紙に記載されているPINの入力だ。この手順の詳細については手紙に記載されている。

このPIN情報は3回間違うと再度発行となってしまうので注意をして入力するようにしよう。間違っても適当に入力はしてはいけないぞ。

PINの登録手順

  1. GoogleAdoSenseアカウントにログインをする
  2. ホームタグの左側のナビゲーションバーのアカウント設定をクリックする
  3. アカウント情報のセッションで、住所の登録をクリックする
  4. 手紙の表示されているPINを入力してPINの送信をクリックする

②銀行口座の登録を行う

PIN情報の設定が完了したら、次は銀行口座の設定を忘れずに行う。これはAdoSenseの設定画面の支払い設定から行う事ができる。

銀行口座の設定が完了すると2~3日後に数円がGoogleから振り込まれる。これはデポジットと呼ばれるもので、登録された銀行口座が正しいものなのか確認するためのものだ。

銀行口座の入力の際に必要になる情報

  1. 銀行口座の名義人の名前
  2. 銀行口座の種類
  3. 銀行コード
  4. 支店コード
  5. 口座番号

8000円以上の確定収益がある場合は自動的に振り込まれる

お金

無事、振り込みが完了するとPIN情報の一連の手続きは終了ということになる。そして毎月8000円の確定収益がある場合は登録した銀行口座へ振り込みが行われるという訳だ。

PINの登録が完了しても直ぐに支払われる訳ではない。PINの発行は1000円という基準になっているが、支払われる基準額は8000円以上ということを理解しておこう。

アルバイトなどでは1時間働けば1000円近いお金を稼ぐことができるが、ネットで1000円稼ぐのはとても時間がかかるのだ。早い人でも3ヶ月は必要になると思ったほうが良い。

しかし肩を落とす必要はない。PINの手紙を受け取った運営者はGoogleに支払いの見込みがあると認められたとも言えるからだ。頑張って更新を続ければ基準額はすぐに達成できる。

 - ブログ運営