稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

お腹に水が溜まってちゃぷちゃぷ音がする場合の対処法

   

水

水を飲みすぎてしまうと起きるお腹のちゃぷちゃぷ音。それほど多くの水を飲んだ覚えはないのに起こってしまうこのお腹の違和感は一体何なのだろうか?

実はこのお腹のちゃぷちゃぷする音は胃内停水といい、胃が処理しきれないほどの水を大量に摂取すると起こりやすいものなのだ。

お腹に水が溜まっているからといって病気と診断される訳ではないが、胃が処理しきれないほどの水を摂取しているということは胃に負担を掛けていることになる。

今回はこの水を多く飲みすぎた際に起こる胃内停水について解説していきたいと思う。ちゃぷちゃぷ音がなって困っている人はぜひ参考にして欲しい。

胃内停水が起きる要因を理解する

お腹を押さえる女性

胃内停水はただ単に水を大量に飲んだからといって発生するものではない。特にもともと胃の消化能力が良くない場合や消化の悪いものを多く食べた際にも胃内停水は起こる。

特に胃腸は冷えに弱いので、冷たいものを多く飲んだり食べたりすると胃内停水が起き易くなってしまうのだ。そのため胃がぽちゃぽちゃし始めていることに気が付いたのなら冷たいものを摂取することは避けよう。

そして胃内停水を早く治すためには胃に負担をかけないことが重要になってくる。そのため辛いものなどの胃に刺激のある物は極力避けるようにして、消化の良いものを食べるようにしよう。

胃内停水が起こった際に行いたいこと

説明

胃の働きを助ける野菜などを食べる

胃内停水が起こった際には胃に負担をかけないものを摂取するとよいこと先ほど説明したが、具体的には何を食べれば良いのだろうか?

オススメする食材は胃の働きを助ける野菜などを摂取するのがオススメだ。それは玉ねぎ・りんご・にんにく・バナナ・長ネギなどの食べると暖かくなるたべものがオススメだ。

軽い運動を行う

胃内停水が起こった際には軽い運動を15分ほど行うとお腹を働かせる筋肉に刺激が伝わり、お腹の消化に繋がる。運動を行う際には胃を意識したストレッチなどがオススメだ。

食後に強めの運動を行うと気持ち悪くなってしまうことがあるので、必ず運動を行う際には軽めを意識して行うようにしよう。

横になる

食事をした後に横になるという事は良くないと言われているが、それは食後に睡眠をしてしまうと臓器に負担がかかるためである。

したがって食後に横になるという事は決して悪い事ではなく、逆に胃の消化のことを考えるとよいことなのだ。消化に良い体勢はお腹の右側を下にして横になるという方法だ。

このような体勢になれば胃の消化を助ける事ができるため胃内停水をすばやく治す事ができるという事を理解しておこう。しかし寝てしまうのは逆効果になるので注意が必要だ。

 - カラダ