稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

メルカリの値引き交渉を柔軟に対応するコツ

   

値引きコメント多すぎるメルカリ

メルカリ

一昔前まではネット売買の方法といえばオークションが主流だったのだが、現在はフリマアプリという新しいカテゴリーがしっかりと定着している。

オークションであれば、自分が決定した最低落札金額に満たない落札額の取引は発生せず、値引き交渉は見かける事は無かったのだが、フリマアプリは常識と言って良いほど値引き交渉が頻繁に行われている。

メルカリなどで出品していると理解ができるかもしれないが、本当に値引き交渉が多いのだ。これは値引き交渉から始まらない取引は無いといっても良いかもしれない。

メルカリで値段設定をする際には値引き価格を見据える

お金

メルカリで出品を行う際には、出品した商品が売れたからといって全ての金額が手に入るわけでは無い。出品価格から手数料と送料などが引かれた価格が手に入る金額なのだ。

メルカリではこれらの価格を見据えて値段設定をする必要がある。そして忘れてはいけないのが、値引きを見据えた価格設定を行うということだ。

取引は常に値引きコメントから始まるため、予め値引きされる許容金額を考えて初期価格にする必要がある。メルカリでの値引きコメントの取引がめんどくさいため新たな値引き許容価格というのをつけて欲しい。

 - 雑学