メンタルヘルス

5年間コミュニケーションを取らなかったらしゃべり方を忘れた件

このKASEGERU4の運営者は引きこもりニート上がりのブロガーだ。簡単に経歴を説明すると16歳で高校に入学した後、半年間で退学してしまう、そして通信制高校に編入したのだが、どうにも学校という空間に馴染めず2度目の退学…。

そして、コンビニバイトなどを始める機会があったのだが、バイトを始めて数日の間で現金過不足の嵐。レジに数回しか立っていないのに現金過不足8000円以上という致命的なミスを犯し、クビに…いわゆる社会不適合者だ。

そして15歳から20歳までの人生の黄金期と言われる期間の約5年間ほど引きこもりニート生活を送ってきた。1年の間で外出する機会はほぼ皆無。誰とも話さずこれぞ世界の終わりといった状態だった。そしてこの人格形成に大きく関わる時期に引きこもった事によるコミュニケーションに関する弊害がとても大きかった。

5年間引きこもった弊害

言葉が即座に組み立てられなくなった

引きこもる前の15歳まで私は饒舌だった。高校入試の面接でも教師から「返答が上手すぎる」と太鼓判を押されたこともある。しかし、5年間引きこもり誰とも会話をしない生活を続けると即座に言葉が組み立てられなくなってしまったのだ。

しかしネットでの活動を続けていくと、企業から携帯電話への着信が来る事が多くあるためコミュニケーションは避けて通れなくなる。今回は5年間引きこもりコミュニケーションを一切取らなかった会話を紹介したいと思う。

企業からの着信

企業

「今回はご登録いただきありがとうございます。今回登録された趣旨はどういったものなのでしょうか?」

KASE

「記事についてです。」

企業

「左様でございますか、ではこれから案件を出すにあたりついての詳細をお聞かせください」

KASE

「あの~登録ですよ…お試しですね…いや登録をした…えっと…そうゆうことです」

企業

「・・・」

も・う・や・め・て

言葉が組み立てられない!!

長年コミュニケーションをしなかったため、短時間で交わされる言葉の内容が頭に入ってこないのだ。そして言葉が上手く組み立てられなくなってしまったのだ。

これまで外部の人と話す機会はコンビニ店員に「あたためますか?」「いいえ」ぐらいの簡単なコミュニケーションしか取ってこなかった私にとっていきなりハードルが高すぎる。

これから言える事は、今引きこもっている若者は外に出てしっかりとコミュニケーション術を身につけるということだ。そうしないとこのようなよく分からない事になってしまうぞ。

関連記事

  1. メンタルヘルス

    心躍らない日常を送っている人は現状維持バイアスの傾向がある

    毎日が同じことの繰り返しで、日常の中で心躍ることが皆無に等しい…

  2. メンタルヘルス

    朝が憂鬱なときには精神安定剤を飲んで出社するのがおすすめ

    現代はストレス社会であり仕事や学校に行かなければいけない朝に気…

  3. メンタルヘルス

    日本人は不眠症に対して深刻に考えすぎているんじゃないの?

    夜、睡眠をしっかりと取って明日に備えようと早寝を心がけているが…

  4. メンタルヘルス

    潔癖症を克服するためには荒療治という方法しか存在しない

    他人が触れた物が触れないという潔癖症な人というのは日常生活を送…

  5. メンタルヘルス

    劇団員が緊張感を無くすために行っている参考になる訓練法

    人前で自分の意見を発表する際や、大勢の人の前で何かしらの作業を…

  6. メンタルヘルス

    脱ひきこもりをして社会的リア充になるための方法

    現在、日本には多くの引きこもりと呼ばれる人達が多く居るが、その…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. メンタルヘルス

    心が病んでいる人は寝る前に小さな幸せをメモ帳に書き綴ろう
  2. 家電

    MNP転出手続きはショップではなく電話で行った方が良い理由
  3. カラダ

    コンタクトが目の中で行方不明になった時の対処法
  4. カラダ

    2週間コンタクトレンズは1ヶ月使えるという衝撃の事実
  5. メンタルヘルス

    視力が悪いということは実はメリットの方が大きいという事実
PAGE TOP