稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

どうしようもない経歴はブログなどで光る原石になる

   

捨てられたぬいぐるみ

進学・就職・転職などで自分の経歴をなるべく汚したくない人って殆どだと思う。特に中退や無職期間などが長いと社会復帰が難しくなる。

そのようなどうしようもない経歴を持っている人は、自分の過去を隠したがるのだが、これが勿体無い。特に高校中退や無職期間が長い人は違う意味で捉えると「人が経験したくない」経験が出来ているのだからもっと胸を張って自信に満ち溢れてもよいのだ。

このような人が経験したくないような「どうしようもない」経験はもちろん社会では淘汰されてしまうから不利だ。しかし、このような経験をしたことがある人にしか分からないブラックな心の闇は伝える事でプラス面に変わるのだ。

この人に伝えるという手段はすでに整っている。文字を書く事が好きならばブログで「てめぇらが思っている普通はクソだぞ」という事を訴えても良いし、文章が苦手ならYouTubeに動画をアップして法律の範囲内で普通の奴では出来ないような面白い事をやればよい。

どうしようもない経歴を持っている変人はおもしろい

コーディング

普通の学生やサラリーマンが作るクリエイティブな物はクソつまらない。どれもこれも常識に縛られすぎている&世間の目を気にしすぎてテンプレート並みのつまらない物しか生み出せない。

一方、どうしようもない経歴を持っている奴は「てめぇの意見なんぞ知るか」という社会不適合者が多いため、作り上げるものも他人の目など気にしていないとても面白いものを作り出せるのだ。

だから私は「そうしようもない」経歴を持っている奴はブログなどの自分の意思を発信できるものを多様して、普通愛好家たちに「バカじゃねーの」と意見をぶつけるべきだと思っている。

 - ブログ運営