稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

自立支援医療制度に必要な書類や手続きを解説してみる

   

確定申告

現在、精神疾患を患っており精神科や心療内科に通院している人は多くの治療費が必要になる。そんなときにせひ利用したい制度が自立支援医療制度というシステムだ。

自立支援と聞くと、自立できていない精神疾患患者に対しての支援なのか?と勘違いする人もいるかもしれないが、意味は全く異なる。

自立支援医療制度は精神通院医療とも呼ばれ、精神科や診療内科に長期間通院する場合には、その医療費に継続的な負担が必要になることがとても多いのだが、それを軽減してくれる制度なのだ。

診察料だけで1500円近く必要になり、それに加えて薬代なども合計すると4000円近くの出費になってしまうという訳だ。そのような長期的な治療が必要な肩に向けてこのような制度が設けられているという訳だ。

負担額が3割から1割に

確定申告書を書く

通常の健康保険での医療費の自己負担額は3割となっているのに対し、自立支援医療制度の申請を行うと1割という負担額で良くなるというのが大きなメリットだ。

例として、必要になった医療費が7000円だったとすると。医療保険の自己負担額は2100円になる。それが本制度を利用すれば自己負担額が700円までに軽減されるというわけだ。

この原則1割という範囲は、通院のみならず薬局やデイケア、訪問看護なども対象となるため精神疾患で通院費が大きくなってしまっている人はぜひ利用したい制度である。

必要な書類

自立支援医療制度で必要になる書類は

  1. 申請書
  2. 診断書
  3. 世帯の保険単位を確認するための書類
  4. 所得区分の認定に必要な書類一覧
  5. 医師の意見書
  6. 印鑑

が必要になる。自立支援医療制度を利用する場合にまず困るのが、これらの書類は一体何の書類を指しているのか分からないということだ。

今回は簡単にこれらの書類がどのような書類を際しているのか解説したいと思う。しかし注意して欲しい事が一点だけある。それはこれらの書類は各都道府県によって異なるため、病院などで意見書などを受け取った場合は必ず各自自体へ必要書類の確認を行って欲しい。

申請書

この申請書は自治体へ出向けば必要な書類を貰うことができる。

診断書

この診断書は、医療機関であなたの症状について記載されている書類になる

世帯主の保険単位を確認するための書類

これが非常に分かりにくいのだが、自治体へ問い合わせてみたところ家族全員の保健証のコピーが必要になるという意味だ。

所得区分の認定に必要な書類

これらの書類はあなたの収入を証明できる書類等が必要になる。例えば年金証書であったり。源泉徴収のコピーなどである

意思の意見書

これも通院している病院で記入してもらう必要がある。

印鑑

申請をする場合にはかならず印鑑を持っていかなければいけない。

分からない事は各自治体に問い合わせるのが一番正確性が高い

これらは一例を紹介してきた。都道府県や家庭環境などによってもこれらの申請方法は異なってくるため各自自体に問い合わせるという方法が一番正確性が高いのでオススメだ。

 - 雑学