稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

ブログ運営で一番難しいのは息を吐くようにネタを見つけることだ

   

Mac

「本日からブログを始めました。これから毎日更新していきます」というブロガーを志す人が数多く居る。しかし、一年後にブログを毎日更新し続けている人は本当に少数だろう。

一体なぜブログを始める前はやる気で満々だったにも関わらず、ブログという媒体は続ける人が少数で挫折してしまうのだろうか?この疑問は決して難しいものでは無い。

その理由はいたって簡単で、多くの人は日常の中でネタをスラスラを見つけ出す事ができないためだ。書くネタが無ければ記事として完成しないため続けることができないのだ。

そう考えるとブログを続けるために必要な事は、文章力でもなく忍耐力でもなく、日常に潜んでいる疑問をブログという媒体に書き込み共感して貰える力が必要になるということだ。

ブログのネタを見つけるのは難しいことではない

多くの人がブログを始めるときに意識してしまうのが、自分の日常関連に関することを書こうとしてしまうということだ。しかし私たち一般人は有名人ではないため、あなたが何をしていようが誰も興味は持ってくれないのだ。

そのため、ブログのネタに困った時には自分の思っている社会に対する考えや日常の疑問などをブログのネタとして扱うと良いだろう。そうするとその情報はある人にとっては有益な情報になるため多くの人に閲覧してもらいやすいという訳だ。

どうでも良い事でもとりあえず書く

ブログ運営を停滞させないためには、自分が感じたことをブログで常に発信するという意識を持つようにするべきだ。回りで起こった物事に対してブログを書くという事を習慣化させれば、ちょっとしたネタでも簡単に1000文字は書けるようになる。

ブログの利点として、1記事がクソみたいな記事であってもブログの全体的な評価は変わらないし、記事数が多くなれば人の目に触れる機会も多くなる。そのためどうでも良い事でもとりあえず書く事を怠らなければマイナスに傾く事は決してない。

文字数ではなく有益な情報を書く事を意識する

「ブログを書く際には800文字以上書きましょう!」というSEOの観点から見たアドバイスが数多くネットに転がっているが、私は読んでいる人に自分の思っている事が伝われば文字数は何文字でも良いと思っている。

特に文字数を多くしようとして、500文字で伝わる事を無駄な文章を挿入して1000文字にしても検索エンジンには良い評価がされるかもしれないが、人間の目から見ると不自然な文章になってしまう。読者は文字数を重視しているのではなく、ブログを見て有益な情報を得たいから、自分の貴重な時間を割いて閲覧してくれているということを忘れてはいけない。

ブログを書く事を習慣化する

ブログで一番重要なことは、実は文字数やネタなどでは無い。ブログ運営で一番重要なことはブログの存在を忘れずに更新し続けるということだ。実はこれが一番難しい。

ブログというのどうしても生活習慣からはみ出た存在であるため。更新を怠ってしまう人が殆どなのだ。しかし、日頃からブログのネタ等を意識して生活を行えばブログを書くということが習慣になり、気付いたときには多くのPVを獲得できるようになっている。

PVを得れれば運営者の勝ちだ

特にブログを始めた頃というのは全くといって良いほどPV数が集まらない。一日に10PVもあれば良いほうなんて日常茶飯事だ。相しているうちにブログの存在を忘れてしまい…。

しかし、ブログというのはつまらない文章でも長く続けていれば自然とPVが集まってくるものだ。そのため一定のPV数を集める事ができればやる気も生まれ負のスパイラルから脱却することができる。さぁ今日から一流のブロガーへとなれ!

 - ブログ運営