稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

時間を有効に使う秀才がYahooをトップページにしない理由

   

壁掛け時計

あるアンケートで日本人の多くのネットユーザーはパソコンをスタートしてブラウザを開いたときの画面をYahooにしているという調査結果があったのだが、時間を有効に使う秀才は決してYahooをスタートページには設定しないのだ。

この理由はとても簡単だ。日本人は昔から物を開発する際には「機能面」を重視する傾向にある。例えば炊飯器であえば、本来の炊飯器の目的は米を炊く事のみ出来れば100点なのに対して、現在市販されている炊飯器はお喋り機能なんてものが付いていたりする。

そうすると、機能面は複雑になる。炊飯器はお米を炊く機能だけであれば1ページの説明書であれば良いのに対して、機能を豊富に取り付けると何が何だか分からなくなり、頭の情報過多が起こる。そして今自分が欲しいと思っている機能が分からなくなってしまう。

この様な無駄な機能を多く取り付けるという事は、自分の貴重な時間と思考を物に左右されることになってしまう。これが多くの情報に触れる事のあるWEBの場合は自分の貴重な時間や思考は情報に左右されてしまうという訳だ。

情報を取り入れすぎている現代社会

生活をしていく上で知っておかなければいけない情報というのは想像している以上に少ない。ニュースを全く見ずに生活を送っても私たちの生活に何の変化も起こらないだろう。

ニュースや無駄な情報を見る事で受けるメリットは少ないのだ。そのため無駄な情報をカットして日常生活を送ることが自然とデジタルデトックスへと繋がるとも言えるだろう。

Yahooをトップページに設定しない方が良い理由

この見ず知らずの内に受けてしまう情報過多を極力防ぐためには、Yahooをトップページにしない事をオススメする。なぜYahooをトップページにしない方が良いのか?

Yahooは特にエンタメ系の無駄な情報が多く取り扱われているため、そのような情報に注目してしまい自分の貴重な時間を消費してしまう事に繋がってしまうという訳だ。

このようなエンタメ系の情報は確かに気になるタイトル文で見たいという好奇心を煽られるが、その殆どは自分の生活に何のメリットも無い無駄な情報なのだ。

特にYahoo知恵袋やYahooコメントなんてものは、2ch同様に見ると不快になるようなクソな情報や書き込みが多く見ても時間の無駄というだけで何のメリットも無い。

思考や時間を有効に使いたいのならシンプルに拘る

自分の思考や時間を有効に使うことを心がけるのなら、まず情報の選別をシンプルにするという事を心がけることが重要になるだろう。ネットを開く時に表示される情報を少なくすれば貴重な思考を無駄な情報に消費しなくて良くなる。

そのため、トップページはGoogleを使うことを心がけると良いだろう。これはとてもシンプルで無駄なニュースやネタなどが一切表示されないため、自分の時間を無駄な事に消費する事がなくて済むという訳だ。

 - 雑学