稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

人生の選択に迷った時には最低3つの選択肢を作る事が重要

   

放浪者

多くの人が人生の選択を迫られた際に、自分が今判断する選択は本当に正解なのだろうか?という事を考える。特にこれは人生の大きな節目である選択ほど神経質になってしまう。

そのような時には一体どの様なポテンシャルで物事の判断を決めれば良いのだろうか?その場の気分やノリで今後の選択を決めてしまってもよいのだろうか?

このようなことを考えれば考える程、物事の行動というものは出来なくなってしまう人が大半だろう。私はこのような人生の選択の判断に迫られた時にはある事を考える。

今回の記事では、人生の選択に迫られて、自分の進むべき道を迷っている人に向けて、人生の選択を迫られた際に意識すると心が楽になる方法について紹介していきたいと思う。

私は今、人生の選択に迫られている

私は将来という選択肢を選ぶ際にはとても神経質になる。人間であれば誰もがそうであると思うが、私の場合は別格だ。その理由は5年間続けてきたニート生活を投げ打って働くかという選択を迫られているためだ。この選択は私が高校を辞めて以来の人生の選択となる。しかしこの働くという選択肢は直ぐに却下だ。

私には一つの街で、一つの職場で死ぬまで働くというシステムに対して理解が出来ない。ことわざで20を過ぎればタダの人という言葉があるように、一箇所の職場に拘って就職してしまっては今まで作り上げてきた功績が無駄になると思っているからだ。

もっと簡単に説明すると「あなたそんな小さな職場で働くために今まで勉強してきたの?」と説明した方が多くの人に理解してもらい易いかもしれない。

このような人から理解しがたい選択を直ぐに行える私だからこそ言える事は、人生の選択をする際には最低3つの選択肢を作って面白い方向の道を選ぶということだ。

将来に対して3つの選択肢を作るメリット

人は将来を選択する際には、その選択肢以外の選択が眼中から離れ易い。具体的には1つの選択肢があったとしたら、その選択肢以外の選択が人は行なえないということだ。

人は将来に対しての選択肢という視野を狭くしてしまい易い。そのため1つの事に拘ってしまい、その将来に対しての自信が無いためマイナスな思考ばかりしていまうという訳だ。

人生の選択をする際には1つの事ばかりに拘ってはいけない。もし1つの選択肢しか持って居なかった場合には、その選択肢が潰れてしまった場合には路頭に迷う事になってしまう。

そのため、これからの人生を決める選択肢を選ぶ際には最低でも3つの人生の選択を作るという事を意識するように私はしている。そうすれば一つの計画が潰れてしまった場合でも2つの選択肢が残るため、次の計画に移る事が容易になるということだ。

紙に3つの選択肢を書いてその将来性を見極める

ただ単に漠然とした将来の選択肢の計画を立てることは誰にでもできる。私が言いたいことは、その道を選んだ際に今後の人生の見通しをしっかりと計画して立てるということだ。

これをしっかりと行うか行わないかで、人生の選択肢シュミレーションは全く異なってくる。これを一番鮮明に行えるのが、紙に3つの選択肢を書いて、その3つの選択肢の先の予想をしっかりと行う。

これをしっかりと行えば、一つの選択肢が潰れてしまったとしても予備の2つの選択肢が残っているため人生の路頭に迷うリスクを少なくすることができる。人生の選択に迷っている場合には以上のこれら「紙に人生の予定を書き出す」という事をしっかりと行ってみて欲しい。驚くほど心が軽くなるはずだ。

 - メンタルヘルス