稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

専業ブロガーよ。将来の不安を他人との感情の共有で誤魔化すでない。

   

ノートに予定を書く

多くの人にとってブログというツールは日常生活のサブ的コンテンツであり、ブログをメインに生活なんて出来るわけが無いというのが世間一般的な考えだ。

運が良いという理由のみで運営しているブログに多くのアクセス数が流れて収益もそこそこ上がるようになってくると、自身のブログスキルについて過度に自信を持つようになる。

多くのアクセス数を稼ぐことができれば、会社員生活の何倍もの収益をパソコンの前で画面を眺めれいるだけで通帳に入ってくるようになるため、目先の利益のみしか考えられないブロガーは無謀な独立という選択をする。

しかし、所詮はネットで稼ぐというのは仕事の副業程度に留めておくのが良いとされている。これはネットでは稼げないという理由の一つであるが、ネットでの収益は不安定という理由が大きく、いつ自分の収益が0になっても可笑しくないリスクが付き纏うために、副業程度にしておいた方が良いといわれているためだ。

専業ブロガーは将来の不安感情を共有するなよ

専業ブロガーの書く文章は、とても似ている。それは一般的な生活をしている人に対して蔑んだような記事を量産するということだ。これは逆説を訴える頭の良い人と捉える人も居るかも知れないが、専業ブロガーがこのような記事を量産する理由はもう一つある。

それは、一般的な生活をしている人を蔑んだ記事を量産することによって、自分は違うという自尊心を再確認しているのだ。それは将来に対しての不安が大きいため悪あがきをしている中学生のように「それってださくない?」といった不安感情を多くの人に共有することで自分の価値を確かめる一種の反抗記事なのだ。

ブログで生活なんて真に受けてはいけない

専業ブロガーは素人ブロガーに対して「ブログは最高だからさっさと仕事を辞めてブロガーになれば?」という無責任なアドバイスをすることがある。

このアドバイスに対して刺激を受けてしまった素人ブロガーは本当にブログでの生活を夢見る。しかし、ブログなんてものはハッキリ言えば運が良ければアクセス数が増える博打みたいなものだ。素人ブロガーが専業ブロガーになりたいという事は、パチンコで生活していくと言っているギャンブラーと何ら変わりが無いことに気が付くべきなのだ。

専業ブロガーは常に将来の不安と戦っている。そのため無謀な空想を感じてあれもこれもと手をつける。そのブロガーの作戦の中の一つが、多くの仲間を集めて将来の不安感情を共有し、赤信号、皆で渡れば怖くない状態を作り出すことなのだ。

 - ブログ運営