稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

専業ブロガーやアフィリエイターはネット移り変わりの速さ舐めている

   

コーディング

ブログやアフィリエイトなどで本業より多くの金銭を稼ぎ出すと、本格的にブログやアフィリエイト一本で食っていくという無謀な戦略を練りたくなるだろう。

しかし、ブログやアフィリエイトを本業にするということは本当に大丈夫なのだろうか?きっと多くのアフィリエイターやブロガーはこの事について疑問を持っていると思う。

アフィリエイトやブログで生活をしていく不安と可能性について一度考えてみたいと思う。これからネット関連で生きていこうとしている人は参考にして欲しい。

ネットの時代の移り変わりの速さ

今現在、ブログやアフィリエイトサイトを運営している人にとって、ネットの時代の流れの速さほど怖いものは無いだろう。今、検索上位に所有しているサイト記事が上がっていたとしても、それはいつ消えてしまうか分からないためだ。

検索結果に収入源となる記事が消えてしまった場合には、サイト運営者の収入は0になってしまうという恐怖が常に付き纏う事になるのだ。

特にネットというのは変化のスピードがとても速い。10年前を思い出して欲しい。きっとどのようなサイトも古臭く、今では笑ってしまうようなサイトが多くあったはずである。

それに加えて、10年前から常に更新が途絶えないブログなんてものは本当に少ない。いや、皆無といっても良いかもしれない。それほネット社会のスピードはとても速い。

サイト運営を生活の柱にする恐怖

現在、ブログやアフィリエイトサイトを運営している人の中には、本業の収入を超えてしまい、サイト運営を生活の柱とすることを考えている人もいるかもしれない。

しかし、先ほどから説明している通り、ネット社会のスピードというのは私たちが想像している以上にとてつもなく早いのだ。これをネット収益を生活の柱にしてしまうと、常にネット社会に生活が振り回される恐怖と戦わなくてはならない。

ブロガーやアフィリエイターは将来に投資を考える

これらのネット社会のスピードと戦うためには、ブロガーやアフィリエイターなどは、サイト運営で稼いだ資金を自己投資する事で次のビジネスに繋げていく必要があるだろう。

例えば、ネット収益で稼いだお金で贅沢をするのではなく、将来のためにしっかりと貯蓄を行っておき、もし万が一ネット収益が0になったときでも、次のビジネスチャンスにつなぐことの出来る準備をしっかりとしておくのだ。

そうすれば、もしネットでの収益が激減してしまった場合であっても、温めておいたアイデアをフル活用して次のビジネスにつなげることが容易になるということだ。

今現在、このようなネット収益で生活している人はこのような将来への自己投資を決して怠ってはいけない。これが私の考えるネット社会のスピードに順応する方法だ。

 - ブログ運営