雑学

長財布からマネークリップに変えたら人生が変わった件

財布の中身が一円

人が日常生活を送っていく上での必需品と言えば一体何が思い浮かぶだろうか?それは服かもしれないし、メガネやコンタクトレンズかもしれない。しかし人が自然と身に付けているものと言えば財布だろう。

特に財布というのはその人の人格がとても良く分かりやすい。巷では靴が綺麗な人は仕事が出来るなんていう情報もあるが、財布に関しては確実にその人の人格が分かる。

特に部屋の整理整頓が出来ない人は確実に財布の中も汚い。あなたの周りの人の財布を思い出して欲しいのだが、ズボラな性格な人は確実に財布の中身も有効期限の切れたポイントカードで埋め尽くされているはずだ。

このような使わないポイントカードで膨れ上がった財布を持つという事は、人生をスマートに生きる事が難しくなってしまう。財布というものを無くしてしまえば紛失届に心理的ストレスに…。あぁつかれる。

この記事では、私たちが日常生活の中で常に身につけることになる財布という布切れを持つよりマネークリップでスマートに生活するメリットを伝えたいと思う。財布の中がパンパンなあなたはぜひ参考にして欲しい。

財布という布切れからマネークリップに変えるメリット

トレイに置かれた小銭

財布を無くすことが無くなる

財布は一体なぜなくなるのだろうかという事を考えたことはあるだろうか?その答えは簡単だ。財布という物を所持しているためである。特に財布というのは常に日常生活の中で使用するためズボラな人は何処に置いたのか直ぐに分からなくなってしまう。

そして財布の最悪なところは、必要な個人情報の塊を一つのスペースに保管してしまい、無くすときには一気になくしてしまうというところだろう。しかし、財布という塊を持たなければ無くす物が最小限に留める事ができるという訳だ。

レジの支払いがスマートになる

スーパーやコンビ二のレジなどで、前の人のお会計がチンタラしていてイライラした経験をしたことは誰しもがあると思う。そのような人の特徴は財布の中がとても汚くて必要な物が見つからずに何時までも後ろのお客を待たしているとい事に気が付いていないのだ。

しかし、マネークリップというスマートな財布であれば、財布という物を持つ必要性がないために、とてもお会計がスムーズに進めることができる。財布をパカッと開いて、カード?お札?小銭?という3パターンを繰り返す必要が無く。スパッとお札一つをスッと取り出してお会計できるのはとても気持ちがいい。

ポケットの中がスッキリとする

マネークリップは財布のように不必要な収納スペースが全く無く、現金を常に裸で持ち歩く事ができるためポケットの中がとてもスッキリとする。特に男性であれば鞄などを日常生活の中でも持ち歩くことは殆ど無いため、貴重なポケットの収納スペースを有効活用することができるという訳だ。

財布を長年使っていて、そろそろ財布を変えたいと思っているのなら、ぜひマネークリップという選択をしてみると良いだろう。本当に日常生活がスッキリと送ることができ、財布の紛失などという問題とオサラバができる。こんなスマートな財布を検討しないのは本当にもったいない。

関連記事

  1. 雑学

    格安SIMは田舎であるほど通信速度が速い傾向にある

    日本の大手キャリアというのは主にドコモとauとソフトバンクの三…

  2. 雑学

    固着したオイルエレメントの最終手段としての取り外し方

    車やバイクには循環しているオイルをろ過するオイルエレメントとい…

  3. 雑学

    ステータスとかw今はクレジットではなくデビットカードの時代ですよ

    カードと言ったらクレジットカードを想像する人が多いと思うが、な…

  4. 雑学

    バイクの慣らし運転は高速道路を使っても良いのか整備士が解説

    最近の車というのは過去に比べて高品質化しているために、車の場合…

  5. 雑学

    車のサイドミラーが破損した場合の修理費用を整備士が解説

    車を保有している人であれば自分の車に傷をつけたくないと思うのは…

  6. 雑学

    最近のお葬式でお清めの塩を配布しない納得の理由

    お葬式などに出向くと、火葬場の出口で必ずと言って良いほどお清め…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. 雑学

    カニに付いている黒い粒の正体について解説しよう
  2. オピニオン

    仕事上のミスは「知らんわそんなもん」という心意気で解決する
  3. 音楽

    好きな曲は辛い心情の時には聴いてはいけない納得の理由
  4. ブログ運営

    イケダハヤトの書籍が読む価値の無いクソ書籍だった件
  5. オピニオン

    平凡な毎日を変えたいのならば毎日1つの日常を破壊すべし
PAGE TOP