稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

物欲という欲は人間には不必要な欲求だ!

      2015/12/02

財布の中身が一円

何か物が欲しい。どうしても欲しいという欲は人間なら誰しもが持っている欲だが、この物欲という欲は泥沼に嵌ると、とても厄介な欲である。

まず、何か物が欲しいと思うとお金が必要になるため、人間は働かなければいけなくなる。しかし、物欲という欲を根本的に無くすと人間は働かなくなる。

この物欲は私たちの生活の中で上手い具合に釣り合っているため、日常生活の中では感じにくいかも知れないが、本当に必要な物のみで生活をするシンプルなライフスタイルを極めればとても経済的なライフスタイルだ。

まず、人はなぜ新しい物に目が行き、その時しか味わえない感情に多額の金銭を差し出すのだろうか?という事を考えると、人は物欲を満たすことでストレスを解消しているという点が第一に考えられる。この記事ではこの不必要な欲である物欲について考えてみたい。

物が無くても幸せを感じれる方法

新商品はスルーする

新製品が出ると現在使えているにも関わらず新しい物に目が行き、物欲が尽きる事がないという経験をしたことは誰しもがあると思う。これは企業戦略に踊らされていると言っても過言ではないだろう。

なぜ、今持っている物に満足せずに新商品が欲しくなってしまうのだろうか。それは不必要な情報を常に私たちはチェックをしているからだ。新商品という物が目に触れなければ私たちは新商品という存在を知らなくて済むのだ。

そのため、家電量販店などに行き、カタログなどを貰ってくるのではなく。本当に自分に必要なものを選択する能力を身につければ新商品という情報に心躍らされる事なく過ごせるのだ。新商品が欲しいと思ったら、本当に自分に必要な物なのかという事を改めて考えよう。

現状に満足する

物欲が尽きないという人の共通点は、今という現状に満足をしていないという点だ。現在抱えている悩みやストレスなどを物を購入するという事で解消するのは一向に構わないのだが、このストレスを物欲で解消する事にしか逃げ道が無いと物欲という欲は一切尽きる事のない欲となってしまう。

このようなストレスを物欲で解消しないための心構えは、極端な話で説明すると現状に満足してしまうという事が一番手っ取り早いだろう。現状に満足していないストレスから物欲は発生するのであって、現状に満足していればストレスを物欲で解消という考えに至らない。

小さな幸せで満足できるメンタルを作る

物欲が尽きないのは無限の欲を持っているためだと私は感じる。このような無限の欲をコントロールするためには、小さな幸せで満足できるメンタルを作り上げるということが一番効率的だ。

このような物欲に振り回されないメンタルと作り上げる方法は、物を購入する事を一切止めて、物を放棄するということに意識を向けるということが小さな幸せで満足できるメンタルを作り上げるために必要な事だ。

一度、実践してみて欲しいのだが、物を購入するという事を極力減らして、物を放棄することに快感を感じれるようになるためには現在流行りのミニマリスト的な考え方を実践して、部屋のものを放棄して自分の本当に必要な物を選別してその少ない物に対して小さな幸せを感じることに意識を集中させてみてほしい。

 - メンタルヘルス