稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

ブログ運営は書いても良い事と悪い事を見極める力が必要

      2015/12/07

会議が一向に進まない

ブログを運営しているブロガーなら必ずと言って良いほど経験をする事がある。それはボツ記事の量産だ。このボツ記事の中にはそれほど書きたいことが無かったという純粋な記事もあるが、中にはこの記事は本当に公開しても良いのだろうか?という思いから記事を削除してしまった物まで様々あると思う。

特に、ブログを運営し始めた当初はこのようなブログ記事の削除や下書きで終わった記事は数十記事を超えるなど、ブロガーの悩みを尽かせないものなのだ。

私も、このブログを運営して1年が経過しようとしているが、このボツ記事は数えられないほど量産してきた。その中には本当にこの記事は公開してもよいのだろうかという疑問から削除ボタンを押してしまった記事も多くある。

この経験から言える事は、ブログ運営を円滑に行うためにはブログに書いても良い事を悪い事を見極める力が必要になるということだ。今回の記事ではこのような公開してもよいのだろうかという悩みに着目してみたいと思う。

ブログ運営には書いても良い事と悪い事を見極める事が重要

さっぱりと悩む女性

ブログ運営をしている人なら出来れば経験したくない事の中の一つとして、記事の炎上がある。この記事の炎上は少し反社会的なことをネタにすると一気にネットに拡散されてしまい。ブロガーの批判などで心が折れてしまい、ブログを休止してしまうなど以外とブロガーの心に響くものだ。

私はこのような批判コメントに関しては寛大に受け止め、批判コメントが来ないブログは存在価値のないブログだという認識を持っているため、批判をされることに関しては一向に構わない。プロブロガーの私は批判コメントが嬉しくて仕方ない

しかし、このような批判的な文章を書くというブロガーは、何でもかんでも批判的な文章を躊躇い無く公開しているという訳ではない。しっかりと自分の文章に責任を持ち、書いても良い事と悪い事を見極める力が批判系ブロガーには求められるのだ。

ブログに書いても良いネタを悪いネタを見極める

ペンとノート

特定の個人を名指ししての記事は避ける

ブログ運営をしていると、一番面倒が臭いのがブログ記事のネタを探すということだ。ここで多くのブロガーはネタを探すために特定の個人を名指しして、それに関する記事を書けばアクセス数も増えて万々歳と考えるかもしれないが、これは止めたほうが良い。

まず、特定の個人を名指ししてい記事を書くという事は、誰かの中傷記事ということになる。ここで勘違いしないで欲しいのだが、特定の個人を名指しして批判的な文章を書くと、それは2ちゃんねると同じレベルの記事にしか仕上がらない。

世間や風潮の批判なら読者は大目に見てくれる

そのため、批判的な記事を書く際には特定の個人を名指ししてネタを探すのではなく、世間体に関する批判的な記事を書くという事を覚えておくと良いだろう。世間体に関する批判的な記事は、皆内心では思っていても世間体を気にしすぎて書けないという人が多い中、このような記事を中傷される覚悟で記事を作成していけば、それは面白い文章に仕上がる。

世間体を批判する記事は、特定の誰かを批判する訳ではないので、誰が見ても心を痛めることなく、共感してくれる人の方が圧倒的に多いのだ。批判系ブロガーを目指したいのならこの事をしっかりと覚えておく事が重要だ。

書いていて疑問を感じるならボツ候補

ブログ記事を多数書いていると、この記事はボツになる記事というのがブログ記事を書いている中盤で気が付くことがある。それは記事の内容に何らかの疑問を感じるのだ。

それは、よく分からない文章校正になっているという理由以外にも、批判的なことを書きすぎなのではないのだろうか?という不安が大きな要因となっている。

このようなブログ記事を書いている中盤に疑問を感じるのなら、一旦ブログを書くという事を中断して、頭を冷やしてからもう一度ブログ記事を読んでみよう。この時にやはり疑問を感じる記事内容であれば何の躊躇いもなくゴミ箱に移動させて良い。

アナタの個人のことなんて誰も興味を示さない

ブログというと、今日あった出来事や食べた食事などを100文字程度で書くというブログが一般的な認識だと思うが、このようなブログは身内ウケをするだけであって、見ず知らずの人はそんなあなたの個人的な事情などに興味は示さない。

そのため、ブログを書くのなら、このような身内ウケを一切廃除して、あなたが思っている社会に対する不満などを素直な気持ちで文章にするという事を心がけることを意識しよう。

 - ブログ運営