稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

不労所得と言う金のなる木は存在しないという事を知るべき

      2015/05/15

「不労所得」とは一体なんだろうか?それは漢字の通り働かなくても入ってくる収入の事である。昔は不労所得を得るには不動産や株など、どれも敷居が高いものばかりだったのだが、今では小学生でも不労所得を得ているのが現状だ。

ではそもそも、不労所得は一体どのように作るのかと言うと「ネット」で作っている人がほとんどではないだろうか?株やFXにしてもパソコンは必須であるし、今検索欄に「不労所得」と検索すればネットを使った方法が9割だろう。

しかし、考えてみると不労所得は本当に「不労」なのだろうか?実はそれを作り上げるまでが大変なのだ。それを頭の中に入れておいて欲しい。

30分の作業で一万円だとか、この方法をやれば億万長者に!とか言う詐欺師が乱用する甘い現実は存在しないのだ、というより不労所得なんてもの自体存在しない。

お金が発生するという事は何かの付加価値が伴っているという事だ、この付加価値は世間に役に立たなければ発生しない貴重なものなのだ、世間に認められる媒体を育てる&作る事までが難しいのだ。

不労所得一覧

■投資系-さぁみんなで金を溝に捨てよう!

投資系と言えば代表的な株やFXがあるが、ハイリターンを期待できる分リスクも高い。知識と事前投資も必要になるので敷居は高めである、そもそも不労所得の分野ではないかもしれない。

他サイトでは配当金を狙う方法が紹介されているが、配当金を貰うまでが労働と変わらない地道な作業が必要になってくるからこれは除外。

投資系は他の方法で収益が上がったら暇つぶし的な感覚で行うのが一番良いかも知れない、投資をメインに副業だとかあるいは本業にしてしまうとストレスで寝れなくなるだろう。

それでもやってみたいと言うチャレンジャーはまずはデモ取引を行って自分の腕を確かめる事が大切だ、きっと画面に映し出されている意味が分からず撤退していくだろう。

デモ取引でおススメなのがDMM証券のデモ取引だ、気になった人は自分で検索してやってみてくれ。

■不動産による家賃収入-敷居高すぎ

ネットで検索すると不動産による家賃収入というものがあり、ご丁寧に方法を解説している他サイトさんがあるが、そんなボンボンならそもそも検索しないよっという印象だ。これに関しては参入した事が無いのでなんともいえない。

■オークション-不労じゃない…

これは至って簡単。家の中にあるいらない物をオークションで売っていけば良いのだ。ゴミがお金に変わるのだからこれ以上の幸せは無いだろう。

写真を撮って、アップロードして、紹介文書いて、落札者とやり取りして、発送して…ってこれ労働やないか!(怒

世の中の風潮として、会社以外の報酬は不労所得やっほ^^みたいなフザケタ感じがあるが、オークションって意外とめんどくさいのだ。

しかし不労所得という縛りを除けば短期間でどの方法よりもすばやく報酬になるのでそこまで悪くは言えない。

■ポイントサイト-貯まらない

ネットでお小遣いを稼いで見たいな…と思ってネットで検索してみるとお小遣いサイトなるものが存在していてゲームやらアンケートやらをやっていくとポイントが貯まるらしい。

色々なサイトでおススメのポイントサイトが紹介されている!ええっ20万円も獲得!ここのリンクから登録??これはやるしか無いでしょう!!。

はい、お疲れ様です。はっきり申し上げるとポイントサイトは普通にやってもポイントは全然貯まらないのだ、ポイントサイトで20~30万稼いでいる人も中にはいるが、それは友達紹介制度を利用しているからだ。

「ここが超おススメ!ゼッタイ登録しなきゃぁ損だよぉ」とか言って紹介リンク経由で相手が登録するとそいつに報酬が入るのだ、多いところで大体一人につき300円と高額報酬。

なのでポイントサイトはサイト運営も伴ってやるべきだろう。普通にやっては500円貯めるのも難しい。クソだ

■YouTubeなどの動画投稿-リスクが大きすぎる

ここ最近YouTubeの広告収入を得ている人が増えてきた、これは筆頭にHIKAKINの存在があったからだろう。動画作成は不労の内に入らないかも知れないが一度投稿した動画はYouTubeが消えない限り残り続けるので良く言われる自販機状態だろう。

しかし、動画投稿となるとリスクが大きすぎるのではないだろうか?調べた情報では再生数上位は数%しかなく、あとは殆ど再生されない、されても数百再生だけ…という状態らしいのだ。

それなのに顔出しで行うのも運とスキルがいる、最近大手YouTuberが相次いで引越ししているらしいのだが、その理由は視聴者が家にやってくる、ピンポンダッシュされる、外から名前を呼ばれる…などなど様々苦悩があるらしい。

時代の流れはどうなるか分からないが私はもうYouTubeは飽和状態が近いのではないかと予想している。

■WEBサイト運営-これが一番良い

数々の方法があるが、私は根気強い性格の持ち主で決めた事は最後までやり通す強靭な精神の持ち主なら挑戦してみる価値があるのがWEBサイト運営だと思う。

アフィリエイトという言葉を一度は聞いた事は無いだろうか?要するにサイトで商品を紹介して買ってもらえると報酬などが発生するという事だ。

参入の敷居が低い事から、皆挑戦するのだが殆どの人は月に5000円も稼げずに止めていくという簡単そうに見えてかなり難しいサイト運営をやってみてはいかがだろうか?

まとめ

不労所得といわれる全てのジャンルに共通している事は、「どれも不労所得などではない」という事だ、WEBサイト運営を例に出すと、成果が出るまで早い人で1~2年ほどかかると言われている。

これはその数年間毎日無給で作業を行ってやっと芽が出てくる期間だ、そう考えると給料の後々払いに感じないかい?

一見すれば不労所得に見えるかもしれないが、実際は不労所得と言う金のなる木は存在しないという事を知るべきなのかもしれない。

 - 雑学