稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

ブログタイトルを変更してから私に興味を持ってくれる読者が増えた件

      2015/12/17

フラワーシャワー

1年くらい前までは私はブログタイトルなどどうでも良い要素であり、重要なのはブログ記事であるという考えからあまり特徴的なブログタイトルを付けると言う事を避けていたのだが、今回思い切ってKASEGERU4から「稼げればニートでも良いんじゃないの?」に変更した事で私のブログ記事ではなく、ブログに興味を持ってくれる人が増えた。

まず、ブログの大多数の流入元は検索エンジンなのだが、残念な事に記事を見てくれた殆どの人は私のブログ記事に興味を持ってくれている訳ではなく、必要な情報を得られたら直ぐに戻るボタンを押してしまう。

これではせっかく書いた他の記事が全く見られないという悲しい現実しか待っていない。そこでブログの顔となるブログタイトルを変更するという事に至った訳だが、これが大正解であった。特徴の無いブログタイトルはせっかくの閲覧者を溝に捨てているのと同じだ。

記事では無くブログトップページのアクセス数が増えた

まず、ブログタイトルを変更してからの記事からのブログトップページへのリンクが大きく増えた。これは特徴的なブログタイトルにしたため、検索エンジンから記事を見てくれた人が興味本位でクリックしてくれる機会が増えたのだ。

それもそのはずで「稼げればニートでも良いんじゃないの?」というブログを見つければ私でもクリックをしてしまうだろう。我ながらとても良いキャッチコピーを考えたと思う。

多くのブロガーと呼ばれる人達はブログタイトルをカッコつけて英語表示にしたり、読者が覚えられないようなよく分からないデザインにしてしまう傾向にあるが、これは返って逆効果だ。このようなカッコつけたタイトルは自分の自己満足にしかならないからだ。

ブロガーはもっと特徴のあるブログタイトルにするべき

ブログの初期設定としてブログを開設すると、大半のブロガーは○○のブログという特徴の無いブログタイトルを考えると思うが、これだけブログという媒体が溢れている世の中でこのような特徴の無いブログタイトルは誰も興味を惹かれない。

そのため、ブログを始めるのなら検索エンジンから入って来てくれた印象を与え易いブログタイトルを考えると言う事がこれからのブロガーには求められることだと私は感じている。

ヘンテコなブログタイトルは最初の頃は違和感があるかもしれないが、ヘンテコなブログタイトルにすると特徴の無いブログに比べて後に大きく差が開くのだ。

 - ブログ運営