雑学

タバコを通信販売で購入するなら「世界のたばこ」がマジでオススメ

吸殻入れ

喫煙者にとってはタバコを一定以上の数をストックしておく事で自らのタバコに対する安心感を得る事ができる。しかし、5カートンや10カートンも同じ銘柄のタバコを購入しようと思っても在庫が無い場合が殆どだ。

これは私がタバコを購入する際に体験した話なのだが、いつも愛用しているタバコを1カートンを購入しようとレジに並んだのだが、希望のタバコの銘柄を伝えても在庫が無いのだ。

お客様がせっかく長いレジに待ってタバコを購入するために徒歩で店に向かったというのに、タバコの在庫が1カートンも無いとはどのような在庫管理をしているのだろうか。

そこで私は怒りを抑え、安心してタバコをストックできる環境を整えるべく、タバコは通販で購入することを決意したのだ。しかしタバコの通販は通常の通販と違って、本人確認等の手間から扱っているショップが少ないのだ。

その中から私が発見した世界のタバコというタバコ通販サイトを発見した。このショップは一度、運転免許証等の本人確認をスマホからメール送信をすれば本人確認済みということで、20歳以上なら安心してタバコの通販が行えるのだ。

世界のたばこでタバコを購入してみた

世界のたばこダンボール

世界のたばこでタバコを注文するとこのようなダンボールにタバコと記載されたダンボールで配送される。ダンボールには要本人確認と記載されているが配送業者に本人確認は求められなかった。

世界のたばこ中身

ダンボールの中身を開封してみるとヘビースモーカーにとっては嬉しいタバコの大量買い、約40箱が丁寧に梱包されている。このような1銘柄の大量買いは店頭ではなかなか出来ないものなのでありがたい。

世界のたばこおまけ

そして何気に嬉しいのが、世界のタバコでタバコを購入するとオマケがついてくるのだ。今回で世界のタバコを利用するのは2回目なのだが、一度目はガス注入式ライターを、二回目はタバコの試供品をオマケとして同封してくれた。次に注文する時には何をオマケしてくれるのか楽しみである。良くを言えばZippoオイル…。

一番のメリットは一度に多数のカートンを注文できること

たばこ

タバコ通販の最大のメリットは一度に多くのタバコのカートンを購入することが出来るという点が一番優れている。店頭では多くて2~3カートンしかストックしていない場合が殆どだが、タバコ通販の場合には一度に10カートンも20カートンも注文ができる。

タバコ自販機も少なくなり、店頭でもタバコの数が多く揃っていない地方の喫煙者はこのような通販でタバコを購入するという事を知っておけば、タバコのストックが無くなったという苦い経験を無くすことが出来るだろう。

もし、大量にタバコをストックしておきたいというヘビースモーカーは、このようなタバコ通販サイトを利用するという事を知っておくと良いだろう。私のオススメサイトは以上紹介した通り「世界のたばこ」というサイトだ。タバコ通販を検討しているヘビースモーカーはチェックしてみて欲しい。

関連記事

  1. 雑学

    盗撮カメラはスマホで簡単に発見することが可能である

    盗撮や盗聴と聞くと一昔前までは有益な情報を企業から盗み聞きをす…

  2. 雑学

    風邪でも無いのにマスクを着用している若者が増えている理由

    最近はマスクと聞くと風邪や予防を目的とした着用をしていない若者…

  3. 雑学

    鏡に映る自分の姿はなぜカッコよく見えるのか解説したいと思う

    男ならば風呂上りなどで鏡の前に立つといつも以上に自分がカッコよ…

  4. 雑学

    タイヤ交換後に異音が発生する原因を整備士が説明しよう

    雪が降り積もる雪国では、車の購入時にはスタッドレスタイヤを合わ…

  5. 雑学

    苦手意識が多い坂道発進の簡単なコツを伝授したいと思う

    自動車学校などで車の免許を取得する際にマニュアル車を選択した人…

  6. 雑学

    新車バイク購入時の慣らし運転の必要性は本当にあるのか?

    新車でバイクを購入すると、慣らし運転をしなければならないという…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オピニオン

    もうApple社とか革新の低迷で終わりなんじゃないの?
  2. 雑学

    Amazonで納品書が入っていない場合の対処法を紹介
  3. オピニオン

    素人が行政書士試験を受ける際に覚悟しなければいけないこと
  4. オピニオン

    高等学校はバイク通学禁止という校則について物申す
  5. 雑学

    オイルエレメントはセルフで交換することをお勧めできない理由
PAGE TOP