稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

会社員ブロガーが限られた時間の中で記事を量産するコツ

      2016/01/14

改札を通過する人達

専業ブロガーと違い、会社員ブロガーの基本的な生活スタイルは仕事という時間で束縛されてしまうため、専業ブロガーに比べて記事の数などがどうしても劣ってしまう。

このような、会社員ブロガーは限られた時間の中ですばやくブログ記事を作成する事が求められるのだが、これが結構難しい。それは会社から帰宅してブログを書くという時間が様々な理由によって設けられないからだ。

そのため会社員ブロガーは専業ブロガーにどうしても劣ってしまう。しかし、あるコツを身につければ専業ブロガーに負けない記事の生産率やクオリティーをキープしてブログを運営することも難しいことではないのだ。

この記事では会社員ブロガーが専業ブロガーに負けない力を身につけるコツと、記事の作成を手っ取り早く行うコツについて私が実践している方法を交えて紹介していきたいと思う。

会社員ブロガーは仕事の合間でブログのネタを考える

ブログ運営で一番重要であり、手間がかかるのがブログ記事のネタを探すということだ。このネタの構成を明確に予め考えておくことでブログ運営はとてもスムーズに進む。

そのため、会社員ブロガーは会社に束縛されている時間を使って、ブログに書くネタを予め考えておくということが大切になる。その方法は至って簡単で、思いついたネタをスマホなどのメモ帳を使って書いておくのだ。

思いついた記事の内容があれば、どんな些細なことでも構わないのでスマホのメモ帳機能を使ってこまめにメモをするという習慣を会社員ブロガーは身につける必要がある。

記事のタイトル

記事のタイトルは後に記事を作成する際に改めて考えればよいため、思いついたネタの記事のタイトルを大雑把で良いからメモ帳に記載しておく。そうすることで、思いついたネタを忘れることなく家に帰宅した際に書く事ができる。

記事の見出しを考える

記事の見出しを会社に束縛されている時間に書くことで、家に帰って記事を書く際に「そんな見出しにしようかな」という時間の無駄を廃除することができる。

記事の内容

記事の見出しを考えたら、その見出しに合った記事の概要を、簡単にメモ帳に書き込んでいく。そうすることで自分が書きたかったことを明確にすることができるのだ。

この3つを意識することで生産スピードを上げることが出来る

会社に束縛されている時間を有効的に使って、ブログに書く事を予め、このようにまとめておくと内容を考えるという手間が省け、ブログ記事を書く際のスピードがかなり向上する。

そして、会社員ブロガーにもう一つ必要なのが、タイピングのスピードである。現時点でこの記事は1000文字程書いているのだが、時間にして10分にも満たない。

会社員ブロガーは少ない時間で多くの記事を作成する能力が求められるため、タイピングのスピードはかなり重要だ。これは本当に記事の作成に慣れていくしかないため、数をこなす以外に方法はないだろう。

しかし、心配はいらない。一年前の私は1000文字という文字数を作成するために要した時間は1時間も要したことがある。書く事が苦手なブロガーでもブログを長く続けることで文章をすばやく書く能力が自然と身につくのだ。ブログというのは本当に自分の成長が実感できる素晴らしいものだ。

会社員ブロガーが専業ブロガーに負けない記事の数やクオリティーを作成するのは、決して難しいことではない。こうした日頃の意識をブログというものに向けることで専業ブロガーに負けないブログに育てることができるのだ。時間が無いという会社員ブロガーはこのような意識のアンテナを常に張っていて欲しいと思う。

専業ブロガーに負けなきゃ会社員ブロガーでも良いんじゃないの?

 - ブログ運営