稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

女が化粧をするのなら男も化粧をしても良いんじゃないの?

      2016/01/28

化粧セット

異性に少しでもよく見られたいために自分のスッピンを隠し、そして化粧姿を本当の自分であるという錯覚に陥らせる魔法の道具。それが化粧という顔面詐欺ツールである。

多くの女性が日頃から化粧をして、日常生活を送っていると思うが、私はそれに疑問を感じている。それはなぜ女性だけが化粧を許される風習があるのだろうか?ということだ。

音楽業界であれば、V系という派手な化粧をして演出を行うというのは例外としてあるが、一般人で男性が化粧をしているというのは皆無に等しいだろう。ここで一つの疑問が出てくる。

なぜ、女性だけが化粧を認められていて、男性は化粧をしていはいけない風習があるのだろうか。男性も化粧をすれば顔面偏差値が向上して良い人生が歩めるかもしれないというのに。

化粧をすればブスでも美人に見える

女の場合には元々生まれた顔面偏差値が低くても化粧という魔法のツールを使用すれば、ブスであっても多少なりともスッピンよりはマシな顔になるのはご存知の通りだ。

町で見かけた女性は一見すれば美人に見えたのに、いざ付き合ってみて素顔を見たら残念なブスであるという経験をしたことがある男性は多くいるのではないだろうか。

それほど化粧というツールの力は強く、本当にブスでも技術があれば絶品の美人になることができるのだ。これは女はブスな顔を化粧で誤魔化すという特権を持っているとも言えるだろう。

しかし、男の場合には元々生まれたままの顔を誤魔化すということはできない。イケメンに生まれたのならばそれはラッキーな事だが、日本人の男というのは基本的に顔面偏差値が低いのが現状だ。

男も化粧をしても良いんじゃないの?

ブスな女が化粧をして顔を誤魔化す特権があるのならば、ブスな男にも顔を誤魔化す権利があってよいと思わないだろうか。少なくとも私はブスな男は化粧をして顔面偏差値を上げても構わないと思っている。

しかし、女がするようなアイラインやファンデーション、口紅などは男がすると流石にキモいので、軽く化粧水をつけたり、アイプチなどをして二重にするということはもっと世の中は受け入れても良いと感じる。

昔は男は筋トレなどをして自らを鍛え上げて異性にアピールしていたかもしれないが、もうそんな時代は終わりだ。これからはこのような男でも美容を意識した風潮を取り入れるべきであるのではないだろうか。

男も化粧をしても良いんじゃないの?

 - オピニオン