稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

学歴の無い中卒者は実は高学歴者より優秀な人材である

      2016/02/06

ノートとペン

現在、98%の中学3年生が高校進学という選択をしているという調査結果がある。しかし残りの2%は高校に理由があって進学せず、一般世論的には「高校も進学していない社会のクズ」というレッテルを貼られてしまう。

高校に進学しない理由は様々あると思うが、一番の理由として考えられるのは「教養がない」という理由で進学しない人が大多数だと思う。私は学が無いだけで社会のクズとして扱われるということに納得がいかない。

中には大卒者であってもニートや引きこもりになってしまう人というのは結構多いのが実情だ。その一方、中卒者であっても賢明に働いている人の方が実は多かったりする。ここで少し疑問点が出てくる。

なぜ世間は中卒者を馬鹿にする風潮があり、当事者の中卒者は「中卒」という学歴に劣等感を感じているのだろうか。私の考えは全く逆で高学歴者より中卒者の方が優秀な人材が多いと感じている。

中卒者は自分の意思を突き通す覚悟を持っている

このご時勢に中卒という学歴は相当な覚悟がないと生きていけない最底辺学歴だ。就職や結婚、そして子どもが生まれて成長したときには自分の子どもに中卒である事を馬鹿にされることもあるだろう。

しかし、このような人生においてのデメリットを踏まえた上であえて中卒という学歴を選択するのは、本当に自分の意思を突き通す覚悟と強いメンタルを持っているからこそできることなのだ。

そのため、中卒者は人の意見に従う高学歴者より、よっぽど自分の意思を持っているとも言っても過言ではないだろう。高学歴者は勉強ができるからなんだ?そんなクイズなどで人の才能を判断するのは愚か者である。

中卒者は実は高学歴者より根性がある

確かに中卒者は大卒者に比べて、明確に給料に差がでてくるし、結婚ということを考えると子どもを授かり、家庭を支えていかなければいけないため、経済力がどうしても必要になる。この経済力ということを考えると中卒というハンデは確かに明確に現れるが、こんなものはどうだって良いのだ。

中卒者というのは一般的なレールの上に敷かれた人生をただ呆然と歩んできた高学歴者より、よっぽど根性がある。それは世間が高校進学という道を選んでいるにも関わらず、自分の意思を突き通しているからだ。

日本人は他人と同じということで安心感を得ているが、そんな日本の風潮はクズ同然であり従う必要なんて一切ない。重要なのは自分の人生を好きに楽しむという事であり、他人と同調していては本来の自分を失う。

そのため、中卒者という貴重な学歴は劣等感を感じるのではなく、もっと自分が中卒者であるということに対して誇りを持つべきだと私は考える。中卒者は貴重な人材であるということを忘れないで欲しい。

優秀な人材よ!中卒でも良いんじゃないの?

 - オピニオン