稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

Yahoo!知恵ノートに記事を投稿するくらいならブログを運営しましょうよ

      2016/02/15

知恵ノート

Yahoo!には様々な便利なサービスがあるが、その代表的なサービスを挙げてみるとYahoo!知恵袋というものがある。この知恵袋に付随した形でもう一つあるサービスが「Yahoo!知恵ノート」だ。

このYahoo!知恵ノートはブログ感覚で色々な役立つ情報を記事にして公開できるサービスなのだが、この知恵ノートを閲覧しているとなぜ知恵ノートの書き手達はブログを運営しないのか疑問に感じる。

知恵ノートはブログ同様に記事を書くということに特化したサービスであり、自分が体験した経験や、自分が知っているコツなどブログに書けば多くのアクセスが見込める記事が多く見受けられる。

しかし、知恵ノートというサービスはNAVERまとめなどと違い、記事を書くことでインセンティブを得ると言う事は一切できない。そう、知恵ノートの書き手達は無償で記事を提供しているのだ。

これはとても勿体無い。Yahoo!というサービスを借りずに自身のブログやサイトで情報発信をし、上手くマネタイズを行っていけば自分が書いた記事で報酬を得る事が可能であるにも関わらず、質の良いコンテンツを無償で提供するのはなんて善良な心を持った書き手達なのだろうか。

Yahoo!知恵ノートに書いて得られるものは皆無

知恵ノート グレード

Yahoo!知恵ノートに書いて書き手が得られるものは本当にゴミみたいなものである。それは「知恵ノートグレード」というものだ。これは良い記事を書いて閲覧数や評価が上がるとグレードが上がるというものなのだが、こんなグレードには自己満足以外の何の価値も生み出せない。

ブログなどであれば、記事が多くの人に見てもらえると読者が付き、サイトからの報酬も上がるというメリットなどがあるが、このような知恵ノートのグレードという仕組みはゲームと同様で、記事を書くことでアバターを育てる以外の何のメリットも無いだろう。あぁこれは本当にもったいない。

知恵ノートには本当に役立つ情報も書かれている記事もあるので、このような優秀な情報を発信できる書き手は知恵ノートという無駄な執筆作業を止めて自身のサイトやブログで情報発信をした方が遥かに良いと感じる。

ブログという情報発信が嫌ならクラウドソーシングを利用するべき

ランサーズ

文章を書くことは好きだけどブログという情報発信が苦手な書き手もいると思う。確かにブログというツールはただの情報発信だけでは無く、自身の意見も取り入れる必要があるためにブログは苦手という人がいることも頷ける。ブログは時に炎上する事もあるからね。

そのような場合には、クラウドソーシングという仕組みを利用して文章を執筆することをオススメしたい。クラウドソーシングとは簡単に説明すると、発注者と請負人の仲介をするサービスだ。

このクラウドソーシングは記事作成というカテゴリもあるため、Yahoo!知恵ノートと同様の感覚で記事の執筆を行う事が出来る。そしてYahoo!知恵ノートとクラウドソーシングの大きな違いは記事を書くことで報酬を得ることができると言う点だ。無報酬で有益な記事を書くなんてもったいない。

Yahoo!知恵ノートであれば、無報酬で記事を作成するが、クラウドソーシングであれば1記事300円というお小遣い稼ぎ感覚で自分の書いた記事を買い取ってくれる。Yahoo!知恵ノートを利用している人で「ブログは嫌だけど、記事の執筆は好き」という書き手はこのようなクラウドソーシングを利用した方が賢明だと私は感じる。

無償で良質な記事を公開する必要は無いんじゃないの?

 - ブログ運営