稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

休日が暇で仕方ない人に向けた孤独な休日の過ごし方6選

      2016/02/18

読書をする女性

学生なら休日は友達の家に遊びに言ったりすることが主な休日の過ごし方だと思うが、社会人になるとこのような休日に友達と遊ぶという行為が段々と無くなってくる。

そのため、社会人や友達のいない学生などは休日になると「とても暇で仕方ない」という人もいることだろう。そのような休日に何もする事がなく暇な人に向けて孤独な休日の過ごし方を紹介していきたいと思う。

まず、休日に何もする事が無いというのは幸せなことである。何らかのトラブルに巻き込まれていれば休日という身体を休める時間にも忙しい日々を送らなければいけない。そのためこの記事を読む際には「暇すぎて鬱」という概念を捨てて休日が孤独なのは幸せであるということを頭においてから閲覧して欲しい。

わたしがオススメする孤独な休日の過ごし方6選

多くの睡眠を取り、ストレスを発散させる

現代人は何かしら忙しい毎日を強いられている。会社でも学校でも身体と精神を使い日々疲労が溜まっている人が大半だろう。そのような時には休日を思いっきり駄目人間になってみよう。

朝、着替える必要も朝食を食べる必要もないのだ。休日にすることは「ただ寝ること」それだけで日常生活で溜まったストレスを発散できる。なんて素晴らしいのだろう。

一人で没頭できる趣味を見つける

一日中寝るということに罪悪感を感じるのなら、友人などいなくても自分が満足できる趣味を見つけると良いだろう。私の場合は超インドアなので休日はほぼ引きこもり状態である。

そんなわたしの休日の生活スタイルは、このようにブログを書くことや一人で出来る趣味を見つけてそれに没頭することだ。このような自分一人でも何かしら没頭できる趣味を見つければ充実した休日を送ることができる。

ネットショッピングを閲覧

わたしは福井県の森に囲まれた田舎に住んでいるため、基本的にお買い物はネット通販を利用している。現在はネットショッピングに何でも購入が出来る時代だ。そのためネットショッピングサイトなどを閲覧しているだけで暇が潰せる。別に物を購入する必要はない。見ているだけでよいのだ。

そのため、欲しいものがあっても家から一歩も出ずに物を購入することができるのだ。これは休日引きこもりにとってはとても嬉しいものである。休日が暇で欲しいものがあるけど家から出たくないと言う人はネットショッピングに没頭してみよう。しかし、くれぐれも物の買いすぎには注意が必要だ。

ドライブやサイクリング

休日に一日中家にいるということが嫌という人もいるだろう。そのような場合にオススメなのが、ドライブに出かけるということだ。ドライブに出かければ街の景色などを眺め、気になった店に足を運ぶなどして一人でも充実した休日が送れるだろう。特に車好きの人にとっては休日のドライブが楽しみと言う人もいるためドライブを趣味としてみるのも良いかもしれない。

また、車の免許を持っていないのならサイクリングなどに出かけてみるのも良いだろう。サイクリングは車のドライブとは違って遠くへ行く事は難しいが、車のドライブでは味わえない爽快感がある。

映画鑑賞や読書

一人の暇な時間を映画鑑賞や読書といった時間に使うのも有効的だ。映画であれば気軽に現実逃避ができるし、読書であれば自分に足らなかった知恵を取り入れることができる。休日に紅茶を飲みながらテラスで優雅に読書をするときっとリッチな気分を味わえるはずである。一度試してみて欲しい。

資格の勉強

暇な時間を有効的に使いたいという人で、できるだけ家から出たくないという場合には資格の勉強を始めてみるのも一つ手だ。資格は多く取得していればその分、生活で有利になるため一人の時間を有効活用して資格の勉強を行ってみるとよいだろう。きっと一人の時間を有効的に使える有益な休日の使い方になるはずである。

自分が満足すれば休日ぼっちでも良いんじゃないの?

 - メンタルヘルス