稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

仕事が欝で楽しくないという人に向けた仕事が楽しくなる心構え

      2016/02/21

タイムカードが押せない女性

仕事というものをイメージすると楽しくないという感想を持っている人が大半だと思うが、仕事が楽しくないという考えは今や古い考えであり、仕事を思う存分に楽しむ必要があると私は考えている。

仕事が楽しくない原因は様々あると思うが、第一に挙げられるのが会社に強制的に時間を拘束され、その対価としてもらえるものは金銭のみという感覚を持っている人が「仕事が楽しくない」といった感想を持っているのだろう。しかしこのような考えはとてももったいない。

仕事というのは憂鬱になる原因の一つとして捉えるのではなく、仕事を思う存分楽しむという心構えで仕事に望むということが極力ストレスを減らして仕事に望む第一条件なのである。私は会社員なのだが仕事がとても楽しい。それは仕事を憂鬱な時間と考えるのではなく、仕事を楽しむという心構えを持っているためだ。

この記事では「仕事が憂鬱で仕方ない」という人に向けて、仕事が楽しくなる方法を伝授していきたいと思う。きっとこれから紹介する心構えを日常生活に取り入れれば仕事が楽しくなること間違えなしだ。

仕事は楽しむ心意気をもつことが重要である

通勤ラッシュ

仕事が楽しくないと考えるから仕事が鬱になる

第一に仕事が楽しくないという人は「仕事が楽しくないものである」という考えが常に先行してしまい一日がとても鬱になってしまう。このようなモチベーションは仕事が楽しくないという原因を作る一つの要因だろう。

そのような場合には、朝起きたら一日を楽しむという心構えで朝の支度をしてみて欲しい。一日が憂鬱という心構えは捨てて、一日を楽しむという心構えで一日を過ごしていけば仕事が鬱になることが無くなるはずだ。

失敗は次に活かし直ぐに忘れてしまえ

仕事の失敗というのは、仕事が鬱になる一つの原因とも言えるだろう。このような仕事のミスなどは後からクヨクヨと考える必要は一切ない。重要なのは仕事のミスを次に生かすということでありクヨクヨと考えて鬱になる必要は無いのだ。誰にでも失敗はあることであり、仏の顔も三度までなのだ。

それでも、仕事のミスがストレスとなってしまう人が大半だろう。そのような場合には一日の中で仕事のミスは5回しても良いという自分に対するノルマを作ってしまうのだ。そう考えれば1つの仕事のミスなどで頭を悩ます必要は無くなる。これは結構効果的なので試してみて欲しい。

上司の圧力は気にするな

人間が感じるストレスの9割は対人関係が関連していると言われている。仕事内容そのものよりも、上司などの仕事に対する圧力などでストレスを感じてしまうのが根本的な仕事のストレスとなっている。

このような上司の仕事に対する圧力や暴言などは重要な話だけを頭の中に入れておき、余計な発言は一切気にしないメンタルを手に入れて欲しい。嫌な上司ははっきり言って無視してしまえば良い。

仕事は楽しめ!

何回も言うようだが、仕事は嫌々やるのではなく、仕事を楽しむという心意気で仕事を進めると意外と仕事って楽しく感じることの方が多いのだ。私も仕事が面倒と感じる時もあるが、このような時には一日を楽しむという心意気で仕事に望んでいる。その結果、仕事がとても楽しく充実した一日を過ごすことが出来たのだ。

そのため、仕事が嫌というメンタルを捨てて、今日から仕事を楽しむという心意気で仕事に望んでみて欲しい。それすればきっと仕事が楽しくなってくるはずである。長々と仕事に対する心構えを紹介してきたが、仕事は楽しいものなのである。それでも仕事が楽しくないのなら今の仕事は辞めて違う環境で仕事をしてみるという選択肢をとってみるのも一つの手だ。

仕事は楽しめりゃ良いんじゃないの?

 - オピニオン