稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

ブログ運営のコツは農業に例えるという考え方が重要

      2016/03/07

稲

多くのブロガーを目指す人の大半は日に10PVほどしかなく、ブログを続ける意味を見出せない初心者ブロガーが多い。その理由としてはブログでの成果を早く出せないことにあるだろう。

ブログ運営というのは記事を執筆して、その記事がグーグルなどに評価されて検索上位に入るというプロセスが必要だ。これには長くても半年という時間は必要で、ブログを初めてから直ぐに成果を出せる訳はないのだ。

特にブログを始めたばかりの初心者ブロガーはこのことをしっかりと理解せずに、ブログのPVのことばかりに目が行ってしまいブログを書く気力がなくなってしまい、結局ブログを放置してしまうことに繋がるのだ。

そのため、ブログを始めたばかりの初心者ブロガーの人はブログ運営を農業に例えて考えて欲しい。ブログ運営と農業が何の関係があるのか分からないひとも多いと思うため、このことについて解説していきたいと思う。

ブログ運営は農業と似ている

まず、冒頭でも説明した通り、ブログというのは記事を書いて公開して直ぐにアクセスが発生するわけではない。記事を作成してグーグルの検索上位に記事が入って初めて検索流入数が増えてくるのだ。

これは農業と似ていると思わないだろうか、農業は畑を耕し、種を撒き、管理をしてあげることで立派な野菜や米に育つ。これにはとても手間と時間を強いられる。

こう考えると、ブログ運営と農業はとても似ている共通点があることが分かると思う。ブログも記事を書いて、投稿して、記事のメンテナンスをすることで検索エンジンからの流入が増えてくる。

初心者ブロガーというのは結果を早く求めすぎて長続きしないという特徴があるのだが、このようにブログ運営と農業の関係性を改めて考えるとブログは農業と同じ、長期的に継続しなければいけないことは一目瞭然だ。

まずは一年毎日更新する

本気でブログ運営に打ち込みたいのなら、短期的なスパンでブログというのを考えるのではなく、長期的にブログ運営をしなければいけない。それには膨大な時間と根性が必要になる。

そのため、本気でブロガーとなりたいのなら、最低1年間は毎日ブログを更新するということから初める必要があるだろう。一年もブログを運営していれば日常生活のリズムとしてブログ運営が身についてくるため、1年も経つとブログを書くということが楽しくなってくる。

初心者ブロガーでプロブロガーとなりたいのなら、まずは最低一年間は毎日記事を更新するというところから初めて行ってみてほしい。農業と同じように長く継続すればそれは立派な財産となること間違えなしだ。

本気でブログを運営するなら最低一年間は毎日更新すれば良いんじゃないの?

 - ブログ運営