オピニオン

社畜で休日が無い?いやいや時間の使い方を変えれば毎日休日

会社休むってよ

学生や会社員などの一般的な生活をしている人というのは自分の時間を組織に束縛されてしまい、休日というのが一切無いのが現状であるが、時間の使い方を変えれば忙しい会社員でも毎日が休日になる。

現代人は忙しく自分の自由時間が作れないというのはもはや古い考えであり、これからは時間を有効活用して自分の時間を尊重する必要があると私は考えている。組織に縛られない自由時間は最高の時間だ。

そんな組織に縛られて自分の自由時間が設けられないという学生や会社員に向けて会社員である私が毎日休日だと感じるための方法を伝授したいと思う。きっとこの方法を試せば毎日が休日と化する。

忙しい現代人が毎日休日に感じるための心構え

組織に束縛されている時間から早く脱却する

学生であれば決まった時間に下校。会社員であれば仕事の終了時間で退社。これが理想なのだが実際はそうは行かない。何かと忙しい現代人は必ず組織に時間を長く束縛されてしまう。

そのため他人から嫌われても良いという心構えで時間を束縛している組織から脱却を計ることが重要だ。学生であれば無駄な交友関係。会社員であれば無駄な飲み会。このような無駄な時間は極力排除する必要がある。

確かにこのような時間を束縛する環境から一目散に逃げれば自分の評価というのもは格段に落ちてしまうが、他人の評価を気にしていては自分の自由時間は設けられない。そのため自分一人の時間を作りたいのなら早く組織から逃げよう。今日は重要な予定があるという口述でね。

明日も仕事という意識を捨てる

日曜日の夕方になると憂鬱になるのは忙しい会社員や学生であれば必ず経験したことのあることだろう。なぜ金曜の夕方は絶好調なのに日曜の夕方になると憂鬱になるのか私には理解できない。

私は会社から帰宅したら日曜日という休日の感覚を持っているため、平日の夕方は毎日休日に向かう金曜日の夕方の絶好調の気分なのだ。ここで重要なのは明日のことは家に帰宅したら考えないことだ。

明日のことは誰にも分からない。もしかしたら絶好調な日もあるかもしれないし不調の日もあるかもしれない。このような事を考えていては精神的に疲れてしまう。そのため家に帰宅したら明日のことを考えるのは放棄だ。

睡眠時間を削れ

日本人の大半は7時間の睡眠を取っている。寝ている時間というのは体力や精神面でのリラックスという面においては効果的かもしれないが、寝てしまえば直ぐに朝が来て仕事に向かわなければいけない。

しかし、睡眠時間を減らせば自分の自由時間がかなり設けられる。人間は7時間も睡眠を取る必要なんてないのだ。きっと7時間寝ようが3時間寝ようが起きるときの苦痛は変わりない。

逆に長く睡眠をしたほうが疲れてしまうだろう。そのため自分の自由時間を長く設けたいのなら睡眠時間を削るということを意識して欲しい。そう、ショートスリーパーになるのだ。

忙しい会社員も意識の転換で毎日が休日という意識で良いんじゃないの?

関連記事

  1. オピニオン

    パソコンが使える基準点というのは存在しないんじゃないの?

    就職活動などで自分をアピールする項目の一つとして、自分がどれだ…

  2. オピニオン

    働く気力の無いニートは社会のため永遠と引きこもっていなさい

    ニートという存在は今の社会では問題視されて、ニートは悪であると…

  3. オピニオン

    ネットで役立つ情報なんて皆無に等しいという事実

    困ったらインターネットで検索「グーグル先生教えて♪」この時点から文句を…

  4. オピニオン

    ニートから会社員へと転身を得て分かった「社畜は損である生き方である」ということ

    私は高校を中退してから5年あまり、引きこもりニート生活を送って…

  5. オピニオン

    素人が行政書士試験を受ける際に覚悟しなければいけないこと

    自信のスキルアップに資格を取得したいという人の中で法律の資格を…

  6. オピニオン

    成功者が実践している質の良いものを長く使うという重要性

    今の世の中は大量生産で質の悪いものが大量に世の中に出回っている…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. メンタルヘルス

    人生に幸せを求めすぎると人は鬱になる傾向にある
  2. オピニオン

    求人票の最終学歴という足切りは廃止にすべきである
  3. オピニオン

    ネットで得た固定観念に人生を左右されてはいけない重要性
  4. オピニオン

    趣味への興味が薄れた時には転職を考える良い機会かもしれない
  5. カラダ

    外出時に便意を催さない簡単な方法を伝授したいと思う
PAGE TOP