稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

自作パソコンに挑戦するならこの一冊を購入すれば間違いない良本を紹介

      2016/03/15

パソコンが好きな人にとってはパソコンを家電量販店などで購入するという選択をあえて取らない人が多い。その理由は自分でパソコンを自作してしまった方がメリットが多い事を知っているためだ。

これから自作パソコンに挑戦してみようと考えている人は、様々な書籍で情報収集をすると思うが、今回は私が数多くの自作パソコンに関する書籍を買いあさった結果、とても良い本を見つけたので紹介したいと思う。

自作パソコンに挑戦したいと思う人は迷わずこれから紹介する書籍を購入してみて欲しい。きっと自作パソコンに関する知識が膨大に増えるはずである。

自作パソコンに挑戦するならこの一冊で十分

私も自作パソコンに挑戦しようと数多くの書籍で情報収集をしていたのだが、どの書籍もいまいち概要がつかめない書籍ばかりであった。しかし、私のような自作パソコン初心者でも分かり易く、そして膨大な情報量が載っている書籍を見つけた。気になる値段もとても安く自作パソコンマニアにとっては必読の書籍間違いなしだ。

それが「PC自作・チューンナップ虎の巻」という書籍だ。この書籍は自作パソコン初心者からベテランまで幅広く読まれている良本であり、ページ数はなんと528ページという膨大な情報量が載っている。パソコンの組み立て方から、パーツの選び方まで幅広い知識を取り入れることができるため、とてもオススメできる書籍だ。

PC自作虎の巻

現在出版されている自作パソコンに関する書籍というのは古い情報である場合が多いのだが、この書籍に関しては最新のSkylakeに関する情報から、最新SSDに関する情報まで幅広く扱っている。

PC自作虎の巻 厚さ

他に購入した自作パソコンのムック本と比べてみたのだが、厚さが桁違いに大きく、とても情報量が多いのがこの書籍の特徴である。タウンページより厚いかもしれない。

PC自作虎の巻 内容

書籍の一部を公開するとこのような内容となっており、自作パソコン初心者から久しぶりに自作パソコンに挑戦する人まで幅広くカバーしていることが分かる。この内容で1680円という安い価格なので自作パソコンに挑戦してみたい人は一読しておくと良い良本と言って過言ではないだろう。

 - 家電