稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

お金を使いたくない症候群の人が意識するべき4つのこと

      2016/03/17

重ねた一万円札

学校という教育の場を離れて自分の給料が入ると直ぐにお金を使ってしまう人は結構多いと思う。そのような浪費家は私から言わせればバカなの?と言いたいところだ。

お金というのは自分の労力の対価であり、自分の時間を犠牲にして手に入るものであるため、私はお金を使うという行為にとても罪悪感を感じるのだ。

自分の本当に欲しい物を購入しても、自分の貯金が減ってしまったという罪悪感のみに押しつぶされて、買い物という一種の娯楽が全く楽しくないという心情なのだ。

私のようなお金を使いたくない若者というのは多くいるのではないだろうか。このようなお金を使いたくない若者の心理とは一体何なのだろうか。このお金を使いたくない症候群について解説していきたい。

なぜお金を使いたくない心理に駆られるのか?

今の日本はとても不景気で多くの人の財布の紐が固い。お金を使いたくない症候群の人は将来が不安だからお金を使いたくないという人が大半だろう。

それ以外にも、自分の銀行口座の預金通帳を眺めることで自分の仕事に対する達成感を満たしていることも一つの理由であり、預金残高が減ることで自分のモチベーションが下がってしまう心理状態になってしまうのだ。

私も預金残高が減るというのは、自分の貴重な時間を犠牲にして得た対価を捨てているという認識があるため、お金はなるべく使いたくないのだ。私と同じようなお金を使いたくない症候群の人は同意してくれるだろう。

お金はどの様な時に使うのがベストなのだろうか?

お金を使いたくない人というのは、財力があってもお金を預金残高を減らしたくないという心理から必要最低限のものしか買わないという特徴がある。

必要最低限のものと言えば、生活費であったり、交通費であったり、自分の娯楽とは一切関係のない必要最低限の生活を送るためのお金しか使わないのだ。これでは何のために働いているのか時々分からなくなる時がある。

そのような必要最低限の物しか買わずに、自分のお金に規制をかけてしまい無趣味と言う人は今一度、自分のお金のあり方というものを考える必要があるだろう。前置きが長くなってしまったが、そのようなお金を使いたくない症候群の人がお金を使うべきタイミングを教えたいと思う。

高くても良いものを購入する

お金を使いたくないという人は意識的に安いものに目が行ってしまうという特徴がある。これは自分のお金を極力使いたくないという心理が絡んでいるのだが、安いものは極力避けるべきだ。

私はお金をなるべく使いたくない症候群なのだが、自分が長く使う物に関しては一切妥協せずに高価な物を購入するようにしている。安いものを短く使うより、良いものを長く使った方が結果的にお徳なのだ。

稼いだお金は自己投資に使う

せっかく稼いだお金を自分の何の投資にもならない物に溶かしてしまう浪費家はお金の本当の使い道というのを知らない。自分の時間を投資して稼いだお金というのは自己投資に使うのが一番良いのだ。

自己投資というと堅苦しいと思われるかもしれないが、自分が将来的に考えて成長できるものにお金を投資することができればそれは立派な自己投資なのである。

ブログを書くことが趣味ならば良いパソコン環境やチェアを購入したり、知識を付けたいならば資格の教材などを購入して勉強したり、することが一番良いお金の使い道と言えるだろう。

口座から月に自由に使っても良い金額を引き出す

お金を使いたくないという人の一番の罪悪感は「預金口座」から数字が減るということだろう。このような預金口座からお金が減るのが嫌という人は月に自由に使っても良い金額を事前に引き出しておくことがお勧めだ。

そうすれば、預金口座からお金が減ったという罪悪感が一度だけで済むため、お金を過度に使ってしまったという悔やみを感じなくなる。意外とこれが効果的だったりするのだ。

家計簿を付ける

自分の支出を管理できない人はいつまで経ってもお金に対する金銭感覚が身につかない。そのため自分が使ったお金がどの様なことに使われたのか家計簿を付ける癖を身に付けることも重要だ。

家計簿を聞くと堅苦しい簿記みたいなイメージを思い浮かべ、一向に家計簿を付ける気力が沸かないかもしれないが、今はスマホなどで便利な家計簿アプリが沢山ある。

私が利用している家計簿アプリは「MoneyForward」というアプリなのだが、これは自分の支出がアプリで一目瞭然で分かるためとてもお勧めだ。お金を使う罪悪感がある人はこのような家計簿アプリを駆使しよう。

 - オピニオン