オピニオン

面倒くさい客には最高の愛想笑いと話を合わせる協調性が必要

武勇伝を語りだす

社会人として一般的な生活をしている人というのは常にストレスに頭を悩ませている。その根本的なストレスの要因となるのが接客という面倒な社交辞令に尽きる。

特に接客業ならばウザい客というのは必ずいる。そのような客に対して失礼な態度をとってしまうと自分の首が飛ぶ羽目にも繋がってしまう。そのためこのような面倒くさい客に対してはある心がけが重要だ。

この記事では面倒くさい客に対して頭を悩ましている人に向けて解決策を伝授したいと思う。これから紹介する心構えをしっかりと身につければ面倒くさい客に対しての免疫がついてくる。

面倒くさい客に対しての接客の心構え

客の話は空気を読んで合わせる

面倒くさい客の特徴として、ダラダラと自分の世間話を話し始める人や、難癖を付ける客など様々いるが、このような時に自分の感情を表に出してはいけない。

ここで重要になってくるのは客の話は自分の意見を抑えて客の意見に同意をするということだ。面倒くさい客というのは人からの反論に対して苛立ちを感じる。そのため客の話には自分の意思を押さえて同意をしよう。

常に笑っている

これは客以外にも、対人関係全般に言えることなのだが、人というのは笑っている人に対して好印象を持つ。そのため愛想の良い店員というのはちょっとした失敗でも許してもらえる場合が多い。

そのため、本心ではちっとも面白くなくても常に笑って愛想を振りまくようにしてみよう。基本的なことなのだがこれが実践できていない人というのは本当に多い。

よく分からない話の場合にはオウム返しを使う

客や会社の上司などと話していると時々訳の分からない話の内容を話す人がいる。このような時に対話をせずに黙ってしまうと印象がとても悪くなってしまう。

そのような時にはオウム返しの法則というのを実践してみて欲しい。オウム返しの法則とは相手が話した言葉の語尾をこちら側から言いかけるという方法だ。

例えばよく分からない絵の話をされたと仮定しよう。「この絵は○○作家の絵でとても気に入っているんだ」この時に気に入ってるんだという語尾を取って「なんで気に入っているんですか?」と質問する。

そうすると「絵のタッチが素敵で独創性があるだろう」という返事。そうしたら独創性という言葉を取って「確かに独創性があって素敵ですね」と返す。このような言葉が途切れずに話しができる。

面倒くさい客の相手も日常生活の楽しみの一つ

面倒くさい客の相手というのは精神的にも疲れてしまうかもしれないが、逆に何もストレスがない環境というのもそれでつまらない。そのため面倒くさい客の相手も日常生活の楽しみの一つと考えて快適な生活を送って欲しいと思う。

面倒くさい相手には最高の愛想笑いで良いんじゃないの?

関連記事

  1. オピニオン

    5年後には果たしてYouTubeはオワコンになってしまうのか?

    現在、小学生がなりたい職業ランキングに上位にランクアップされた…

  2. オピニオン

    福井が生んだ美味すぎる「ほうば飯」の美味さを知っているか?

    福井の名産品と言ったら真っ先に候補として挙がるのが「へしこ」だと思うが…

  3. オピニオン

    日本人は他人の目線に敏感過ぎて自己表現が苦手な人が多すぎる

    日本人というのは、他人からどのように見られているのか?という事…

  4. オピニオン

    思い出として記念写真を撮影するとかバカなんじゃないの?

    日本人というのは何かのイベントがあると、必ずと言って良いほどそ…

  5. オピニオン

    美容院のメンズヘアカタログは不細工を多用するべきだろう

    最近では若者の男性でも美容院に通っているという人が珍しいもので…

  6. オピニオン

    テレビを見ない生活を続けて得られた4つのメリット

    朝起きたらテレビを付けて朝のニュースをチェックする。そして昼休…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オピニオン

    家族でカーシェアリングをすると車の維持費が抑えられますよ
  2. メンタルヘルス

    早起きが苦痛では無くなる裏技を伝授したいと思う
  3. 雑学

    眼鏡には超音波洗浄機の使用は推奨されない理由を解説
  4. オピニオン

    ハローワークでブログについて話したら超褒められた件
  5. オピニオン

    休日引きこもりはニート並みに底辺な生活を強いられる現状
PAGE TOP