メンタルヘルス

お清めの塩風呂に入ったら人生が好転した話をしたいと思う

お清めの塩byナカニシユウヤ

なんだか人生が思い通りに進まない、人生が不運だらけという人は結構いると思う。私もその中の一人であり幸運というものに恵まれる機会というのは少なかった。

私のプロフィールを閲覧してもらえれば分かると思うが、私は高校を2度も中退してプロニートとして5年間生活をしていたのだが、残念なことにあまりニートという生活は楽しいものではなかった。

周りからの偏見やニートである劣等感などが邪魔をして、自ら選んだニートという道に対して疑問を感じていたのだ。その時に私は自らを浄化させてみようと考え、お清めの塩風呂に入ることにしたのだ。

するとどうだろう。ニートという生活で1年先が分からなかった状態から、ふとした事で就職という一般的な生活に社会復帰をすることができたのだ。本当にお清めの塩パワーはすごい。

ここでお清めの塩風呂とは一体何なのか?と疑問に感じる人が大半であると思うため、お清めの塩風呂について簡単に説明したいと思う。怪しい施設なんかに行く必要などなく家で簡単にできるので試してみて欲しい。

人は負のエネルギーを溜め込めてしまいやすい

すこしオカルト的な話になってしまうが、人は生活をしていると負のエネルギーを吸収してしまう。なんだか運が無いな、問題事に振り回されてばかりだなと言う人は負のエネルギーが溜まりすぎている。

そのような負のエネルギーが溜まりすぎてしまうと、人は鬱になったり、思いもよらぬ事故にあったりするのだ。このような時には自らを浄化させてあげる必要がある。

自らを浄化させる方法として一番に考えられるのが、大金をかけてよくわからない霊媒師や霊能力者の胡散臭い力を借りるという手があるが、そんな物は必要ない。自らの浄化はセルフで出来るのだ。

自らを浄化するお清めの塩風呂のやり方

自らを浄化する方法はお清めの塩風呂という言葉の通り、お風呂の浴槽にお清めの塩を入れて入浴するだけで良いのだ。お清めの塩と言えば葬儀から帰った後に浄化という意味を込めて肩に撒くものだが、これを浴槽の中に入れて全身を清めるのだ。これは肩に塩を振りまくよりよっぽど効果的な浄化方法なのである。

少なくとも私は、このお清めの塩風呂に入った数ヵ月後にニートから脱出して現在社会人として生活できており、私の見解では体に溜まった負のオーラがお清めの塩風呂に入ることで浄化され洗い流されたためだと感じている。変な宗教臭い話なのだが本当に効果的なので一度試してみて欲しい。

不運続きの人や、何度も病気になってしまっている人、その他様々な事情により人生が思い通りに進まないと感じている人は入浴剤なんかより、よっぽどお清めの塩風呂に入浴した方が良いのだ。お清めの塩は中々入手できないと思うかもしれないが、ネット通販を利用すれば手軽に手に入れることができるため、試してみて欲しい。

入浴剤なんかよりよっぽど効果的なんじゃないの?

関連記事

  1. メンタルヘルス

    やんちゃ坊主は大人になると感受性豊かな人間性になる

    親からしてみれば子供の性格を気にかけて、優しい人間性になってほ…

  2. メンタルヘルス

    夏になると切ない気持ちになる理由は過去の記憶が関連している

    夏という季節は四季の中でも特に切ない気分になる季節であり、なぜ…

  3. メンタルヘルス

    心の不調の際は精神科と心療内科どちらを受診すれば良いの?

    今や心の不調を訴える人は珍しく無くなり、多くの人が診察のため病…

  4. メンタルヘルス

    無くし物を絶対にしない人が心掛けている一つの習慣

    忙しい朝の時間に追われながら通勤や通学の準備をしていると、持っ…

  5. メンタルヘルス

    不眠症で寝付けない人に贈る気分が軽くなる言葉

    体が心身共に疲れているのに、ベッドに入っても中々寝付けないとい…

  6. メンタルヘルス

    部屋に友人を招きたくない人の心理を読み解こうと思う

    小中高生などの学生や社会人などで自分の部屋に友人を一切入れたく…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オピニオン

    フォグランプを点けて走行しているドライバーは免許返上しなさい
  2. オピニオン

    車好きは整備士を目指してはいけない究極的な理由を紹介
  3. オピニオン

    意味のない貯金をしている人が家計簿を付けてはいけない理由
  4. オピニオン

    美容院のメンズヘアカタログは不細工を多用するべきだろう
  5. オピニオン

    素人が行政書士試験を受ける際に覚悟しなければいけないこと
PAGE TOP