メンタルヘルス

お清めの塩風呂に入ったら人生が好転した話をしたいと思う

お清めの塩byナカニシユウヤ

なんだか人生が思い通りに進まない、人生が不運だらけという人は結構いると思う。私もその中の一人であり幸運というものに恵まれる機会というのは少なかった。

私のプロフィールを閲覧してもらえれば分かると思うが、私は高校を2度も中退してプロニートとして5年間生活をしていたのだが、残念なことにあまりニートという生活は楽しいものではなかった。

周りからの偏見やニートである劣等感などが邪魔をして、自ら選んだニートという道に対して疑問を感じていたのだ。その時に私は自らを浄化させてみようと考え、お清めの塩風呂に入ることにしたのだ。

するとどうだろう。ニートという生活で1年先が分からなかった状態から、ふとした事で就職という一般的な生活に社会復帰をすることができたのだ。本当にお清めの塩パワーはすごい。

ここでお清めの塩風呂とは一体何なのか?と疑問に感じる人が大半であると思うため、お清めの塩風呂について簡単に説明したいと思う。怪しい施設なんかに行く必要などなく家で簡単にできるので試してみて欲しい。

人は負のエネルギーを溜め込めてしまいやすい

すこしオカルト的な話になってしまうが、人は生活をしていると負のエネルギーを吸収してしまう。なんだか運が無いな、問題事に振り回されてばかりだなと言う人は負のエネルギーが溜まりすぎている。

そのような負のエネルギーが溜まりすぎてしまうと、人は鬱になったり、思いもよらぬ事故にあったりするのだ。このような時には自らを浄化させてあげる必要がある。

自らを浄化させる方法として一番に考えられるのが、大金をかけてよくわからない霊媒師や霊能力者の胡散臭い力を借りるという手があるが、そんな物は必要ない。自らの浄化はセルフで出来るのだ。

自らを浄化するお清めの塩風呂のやり方

自らを浄化する方法はお清めの塩風呂という言葉の通り、お風呂の浴槽にお清めの塩を入れて入浴するだけで良いのだ。お清めの塩と言えば葬儀から帰った後に浄化という意味を込めて肩に撒くものだが、これを浴槽の中に入れて全身を清めるのだ。これは肩に塩を振りまくよりよっぽど効果的な浄化方法なのである。

少なくとも私は、このお清めの塩風呂に入った数ヵ月後にニートから脱出して現在社会人として生活できており、私の見解では体に溜まった負のオーラがお清めの塩風呂に入ることで浄化され洗い流されたためだと感じている。変な宗教臭い話なのだが本当に効果的なので一度試してみて欲しい。

不運続きの人や、何度も病気になってしまっている人、その他様々な事情により人生が思い通りに進まないと感じている人は入浴剤なんかより、よっぽどお清めの塩風呂に入浴した方が良いのだ。お清めの塩は中々入手できないと思うかもしれないが、ネット通販を利用すれば手軽に手に入れることができるため、試してみて欲しい。

入浴剤なんかよりよっぽど効果的なんじゃないの?

関連記事

  1. メンタルヘルス

    人生を好転させたいのなら挑戦より先に過去を捨てる事が重要

    自分の人生が上手く行っていない人というのは、自分を高めるために…

  2. メンタルヘルス

    人生の決断を迫られた時に背中を押してくれる思考法を伝授

    人というのは一生の中で人生の決断を迫られる場面というのが度々起…

  3. メンタルヘルス

    休日が暇で仕方ない人に向けた孤独な休日の過ごし方6選

    学生なら休日は友達の家に遊びに言ったりすることが主な休日の過ご…

  4. メンタルヘルス

    勝ち負けなんか別にどうでも良いんじゃないの?

    人というのは何かと勝ち負けというものに拘り、小さい頃から他人と…

  5. メンタルヘルス

    意味を成さない無意味な早起きは時間の無駄なんじゃないの?

    近年出てきた言葉で「朝活」というものがあるが、これは自分の趣味…

  6. メンタルヘルス

    高いプライドを持つのではなくバカを極めることが重要である

    人として社会生活の中で暮らしていると、誰しもが絶対的にプライド…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オピニオン

    学生が将来の選択を卒業間近の一年で決めるってのは無理な話
  2. メンタルヘルス

    人生は悩むよりも適当に生きるという心掛けが丁度いい事実
  3. 雑学

    メルカリで飛ぶように売れる2つの価格設定のコツを紹介しよう
  4. 雑学

    眼鏡には超音波洗浄機の使用は推奨されない理由を解説
  5. ブログ運営

    自称プロブロガーならば休まずブログを更新し続けなさいよ
PAGE TOP