稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

NHK高校講座が放送される納得の理由を説明したいと思う

      2016/04/22

NHK高校講座

NHKの番組を見ているとふと目に入るNHK高校講座。難しい数学から、よく分からない物理まで幅広く放送しているこの番組は一体誰に、何のために放送しているのか疑問に思う人も結構いるのではないだろうか。

私も中学生の頃まではこのNHK高校講座という番組は一体何のために放送しているのか疑問だったのだが、私立の高校を中退して通信制の高校に入る時にこの番組が放送される意味を知ったので説明したいと思う。

きっと、今まで何のために放送しているのか分からなかった人も納得してくれるはずである。それではこのNHK高校講座が放送される理由について説明していきたいと思う。

NHK高校講座が放送される理由

まず、このNHK高校講座という番組は基本的に高校で習うことを分かり易く説明した番組構成となっている。勘違いしないで欲しいのがNHK高校講座は何の意味も無く放送している娯楽番組ではないということだ。

NHK高校講座が放送している時間帯というのは基本的に平日の午後から始まることが多いため、県立や私立の高校に通っている学生にとっては何の需要もないということは分かると思う。

それでは何のために、誰に向けて放送しているのかと言うと、それは通信制高校に通っている学生に向けて放送しているという理由が第一として挙げられるのだ。

NHK高校講座は、全国の通信制高校生の自学自習に役立つことを目的に、1953年にラジオから始まりました。そして1960年にはテレビ放送が始まりました。1年間の視聴を通して高校教育課程の基礎が学べる番組です。2013年4月現在、テレビ17科目、ラジオ12科目、あわせて約1,400番組を放送しています。高校生ばかりでなく生涯学習として、幅広い世代の方々にご利用いただいております。NHK高校講座の内容は、文部科学省の「高等学校指導要領」および文部科学省による検定済みの教科書の内容に則して制作しています。

出典:NHK高校講座

通信制高校では訳があって休日のスクーリングに出席ができない人は、最終手段としてこのNHK高校講座を閲覧することで単位が貰える制度を設けている高校が多い。

それもそのはずであり、通信制高校は基本的に16~70歳までの幅広い年齢が学んでいるため、どうしても時間の都合上スクーリングに参加できない人というのが出てくるのだ。

そうすると、どうしても次の学年にステップアップが出来ないという人がとても多くなってしまう。そこでこのNHK高校講座を閲覧することで単位を与えてもらえる仕組みが出来ているという訳だ。

いかがだっただろうか?これまでNHK高校講座が何のために放送しているのか分からなかった人は、きっとスッキリしただろう。NHK高校講座は通信制高校のために放送している番組なのである。

学べりゃ映像学習でも良いんじゃないの?

 - 雑学