オピニオン

有名人に会ったけどやはり一般人と変わらない普通の人間だった

ヴァイオリン

2016年4月16日にセカオワがサンドーム福井へライブを行うというのでライブへ参加して生で有名人というものを見たのだが、有名人だからと言って特別な存在では無いということに改めて気が付いた。

私達のような一般人からしてみれば有名人という存在は特別な存在であり、選ばれた者のみにしか黄色い歓声を浴びることができないというイメージがあるが、それはテレビと言うものに洗脳されすぎている。

確かに普段、画面でしか見たことの無い人が目の前にいれば本物とテンションが上がるかもしれないが、有名人というのはテレビという存在が作り上げたしょうものない存在でしかない。

私達のような一般人はこのようなテレビの中の有名人に対して特別な人というイメージを持ちすぎているが、所詮は番組のプロデューサーなどが取り上げた一般人を電波というものに投影しているものに過ぎないのである。

芸人にしても、ジャニーズにしても所詮は全員が一般人でありテレビが作り上げた有名人というフレーズに酔いしたって、マスクやデカイサングラスをかけている有名人というのは何だか気に入らない。

そして、このような有名人と呼ばれる人に対しての強烈なファンやCDを大量買いなどをしている一般人というのは本当にテレビという存在に踊らされている哀れな人としか言いようがない。

もし、有名人に対して憧れを抱いている一般人というのは、有名人は普通の一般人であるという認識を持って欲しいと思う。テレビに踊らされるのははっきり言ってダサいの一言に尽きる。

有名人なんて一般人と同等なんじゃないの?

関連記事

  1. オピニオン

    日本人はお金の使い方というものについて無知の極みである

    お金というのは生活をしていく中での必要なツールであり、大人にな…

  2. オピニオン

    二代目社長で会社が倒産する決定的な理由を紹介していこう

    会社の社長というのは、世襲制の企業もあれば、有益な人材を次期社…

  3. オピニオン

    ニート生活を続けることで失うものは計り知れないというお話

    ニートという生活というものを想像してみると、毎日目的もなく自堕…

  4. オピニオン

    ブラックバイトに勤務している学生は辞める精神を学ぶべし

    学生のバイトで、正社員と同様の責任を負わせて長時間労働やノルマ…

  5. オピニオン

    免許証の不細工な顔写りは第三者から見た本当の自分の顔である

    免許を取得していざ顔写真を撮影すると自分の顔の不細工さに自信喪…

  6. オピニオン

    学生が将来の選択を卒業間近の一年で決めるってのは無理な話

    小学生の時を思い出してほしいのだが、小学生の授業の中で将来なり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. メンタルヘルス

    悩み事が頭から離れない時には「それは置いといて方式」が有効
  2. 音楽

    エレキギターを演奏中に感電してしまう危険な使い方を解説
  3. 家電

    電子機器を結露で水没させないために行うべき注意事項
  4. カラダ

    禁煙成功の秘訣はタバコの記憶を抹殺することに尽きる
  5. 雑学

    マニュアル車のクラッチ板が滑っている際に起こる具体例
PAGE TOP