オピニオン

本当の秀才が使っているPCデスクは勉強机であるという事実

モダンなテーブル

パソコンに拘りを持っている人というのはパソコンのスペックだけでは満足できずに、パソコン周りの環境に関しても深く拘る。その中でも一番拘るPC周りはパソコンデスクではないだろうか。

パソコンデスクは日常的にパソコンを利用して趣味や仕事をしている人にとっては仕事の効率化やモチベーションなどに関わる重要なものであり、あえて高級なものを選ぶ人も多い。

しかし、本当の秀才が日常的に使っているパソコンデスクというのは決して高価なものや性能、見た目などではなく、子供の頃から日常的に利用していた勉強机なのである。

学習机をパソコンデスクとして使っていると、知り合いが家に訪ねた際に「おまえまだ学習机を部屋に置いてるの?」と言われるかもしれないが、そんな事をほざく輩は勉強机の偉大さに気が付いていない。

私は普段からお金は全く使わないのだが、パソコンに関してはかなりの額をかけている。そんな私のパソコンデスクは勿論、学習机である。それでは学習机をパソコンデスクとして使うメリットを紹介しよう。

学習机をパソコンデスクとして利用するメリット

下手なパソコンデスクよりよっぽど快適な環境である

一般的に家具屋などではパソコンデスクという存在はとても存在感が薄く、店の隅っこにチョコンと展示されており、デザインなども一般的な机に比べてダサいの一言に尽きるものばかりである。

そしてこのような家具屋などで展示されているパソコンデスクというのはどれも快適とは言えない使い心地である。机の角なども角ばっていて腕がデスクの角に当たり、とても不快な気分にさせてくれる。

しかし、勉強机というのはその名の通り、勉強をすると言う事に特化した机なので机の角や作業領域、そして無駄なデザインなども一切省かれており、とても快適かつシンプルで仕事が捗るのだ。

学習机は高価な机である

以外と気が付いていない人も多いと思うが、良い学習机というのは本当に高価な机なのである。パソコンデスクを求めている人の大半は3万円までという予算を考えるかもしれないが、学習机は軽く10万は超える机である。

そのため、下手に高級志向のデザインを重視したパソコンデスクを購入するより、耐久性や利便性などを考えると学習机はとても快適に使える万能デスクなのである。

このことを知らない輩は学習机をパソコンデスクとして利用していると聞くとバカにする傾向にあるが、そんな輩は他人からの目線を気にしたデザインを選び、実用性という観念を持ってはいないアホなのだ。

逆に、学習机は万能かつ高級机という認識を持っている秀才は、勉学を終えてお役目ご免となった学習机の魅力に気が付き、パソコンデスクとして有効活用している割合が多いのだ。

もし、パソコンデスクの購入を検討しているという人は、昔使っていた学習机をパソコンデスクとして使ってみて欲しいと思う。きっと快適なパソコン環境になること間違いなしである。

パソコンデスクは学習机で良いんじゃないの?

関連記事

  1. オピニオン

    「副業=悪」という定義は底辺思考から抜け出せませんよ

    一般的な社会のレールというものに敷かれて社会人になれば一つに企…

  2. オピニオン

    通販に依存ではなく地元企業にお金を消費するべき

    都会に住んでいる人であれば、家から少し出れば沢山の店舗があり、…

  3. オピニオン

    ニートになったのは親が悪いだと?ふざけるバカニート共

    現在の日本では働ける状況下にあるにも関わらずに、労働をせずに生…

  4. オピニオン

    自動車整備士が自動車メーカーに恐縮ながら物申す

    今や自動車というのは国民の足となり、物流の基盤となっている乗り…

  5. オピニオン

    朝のクソみたいなニュース番組は放送せずに時報だけを放送しろ

    多くの家庭では、朝起床するとテレビをのスイッチを入れてニュース…

  6. オピニオン

    友人という薄っぺらい交流関係はクソみたいなものである

    人というのは幼少期から友人関係という交流が生まれて、小中高と年…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. 音楽

    ギターは楽器屋で買うべき?今は通販で楽器を買う時代ですよ。
  2. ブログ運営

    ブロガーがPV以上に大切にしなければならない心得は単純だ
  3. オピニオン

    ニートになりたい社畜は毎日予定がある事の幸せを知るべきだ
  4. カラダ

    ファンケルのメンズスキンケアの個人的な総合評価は星4つ
  5. ブログ運営

    Googleに入社希望ならばブログを書きなさい
PAGE TOP