稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

車検が無いという理由で250ccバイクを検討しては駄目な理由

      2016/05/05

バイクのスピードメーター

最近、若者の車離れが深刻化している。しかし車には興味は無くてもバイクには興味があるという若者というのは実は多い。そんな若者が選ぶバイクの候補として車検のない250ccバイクを検討している人もいるかもしれないが、車検がないという理由だけで250ccバイクを検討するというのは少し考え直して欲しい。

まず私は自動車整備関係の仕事をしているため、ド素人の意見ではないということを理解していただきたい。そして400cc以上のバイクが欲しいけど車検という金銭的負担がかかるのが嫌だという人はぜひ参考にしてみてほしい。きっと車検が無い250ccバイクの怖さについて理解ができるはずである。

確かに車検のない250ccバイクというのは、車検代などが浮いて経済的にも良いかもしれないが、本当にバイクが好きならば休日になると長距離ツーリングなどに出かけて、走行距離がかなり多くなり、バイクの至るところが消耗していくのは誰にでも理解ができると思う。

逆にバイクにあまり乗らなかったとしても、バイクは放置をするだけで劣化していき、重要な安全箇所にもガタというものが出てくるのが乗り物というものなのだ。そのため車検の無いバイクというのはメンテナンスを自分自身で行う必要があるのだが、素人にバイクの不具合などは中々分かりにくいものなのである。

中には「自分のバイクは自分で整備ができる」と自慢げにしている人もいるかもしれないが、素人にバイクという命を預ける乗り物を簡単に整備ができるのなら、自動車整備士や二輪整備士など必要ないのである。例えば、後輪のドラムブレーキシューを交換してくださいと言われて、自分で交換ができる人なんて殆どいないだろう。

そしてタイヤの溝が減っていて、自分でバイクのタイヤ交換ができる人なんていないだろう。このような些細な不具合を見つけるために車検というものが存在しているのだ。お金を節約するという理由だけで250ccのバイクの購入を検討しているという人はこのような事を今一度考えてバイクを検討して欲しいと思う。

バイク屋によって、250ccの車検の無いバイクでも定期点検を行ってくれる場合もあるが、このような定期点検も1~2万円程度必要になるのが実情なのである。それならばあと数万円を出して、しっかりと分解整備を行ってくれる車検がある400cc以上のバイクを選んだ方が賢明な判断なのである。

車検が無いという理由だけで妥協するのは良くないんじゃないの?

 - 雑学