稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

最近のお葬式でお清めの塩を配布しない納得の理由

      2016/05/07

花

お葬式などに出向くと、火葬場の出口で必ずと言って良いほどお清めの塩を昔は配布をしていたが、現在はお清めの塩を配布しない場合が多いことをご存知だろうか。

火葬場でお清めの塩を配布されないと「お清めの塩は?」と疑問に感じて、家で食塩を肩に振り掛ける人もいるかもしれないが、現在の考え方では葬儀の後にお清めの塩を葬儀の後に振りかける必要はない。

この記事ではお葬式に出向いて、お清めの塩を貰えない理由について疑問に感じている人に向けて、葬儀屋がお清めの塩を配布しない理由を説明したいと思う。

お清めの塩を肩から振りかける風習があった理由

お清めの塩を肩から振りかける風習は一体なぜ生まれたのだろうか?その真相は大昔に遡る。昔というのは医学の知識など今とは天地の差であり、突然人が倒れたりすると、祟りであるという認識があったのである。

そのため人が突然倒れたりすると、その祟りを家に持ち込まないために昔の人は家に入る前に肩から塩を振りまいていたのである。しかし、現在は当然、人が死ぬということには非科学的ではない根拠があり、人の死に対して祟りと考える人なんていない。

このように考えると、昔の風習に従ったお清めの塩を肩から振りかけるというのは無意味な行為であると言えるのである。次からはお清めの塩を配布しなくなった経緯について解説していこう。

お清めの塩を配布しなくなった理由

浄土真宗が最初にお清めの塩に反対を訴えた

浄土真宗の考えでは、亡くなった人というのは浄土に帰るという教えであり、亡くなった人の魂に対して清めるという行為に一番最初に反対したのが浄土真宗なのである。

そしてこの亡くなった人の魂は仏様になるという教えは仏教全般に共通しているため、ほかの多くの宗教で賛同する声が上がり、次々とお清めの塩を配布するということを廃止にしたという訳である。

この考えは各宗教の葬儀を行う葬儀屋でも広く認知されてきており、どの宗教であってもお清めの塩を配布する葬儀屋というのが減ってきたというのが第一の理由なのだ。

そして人の死は穢れではないという認識が広まった

年配者は、葬儀の後に家に帰った際にお清めの塩を振りかけるという風習が根強く残っているため、葬儀の後でお清めの塩を振り掛けないと気持ち的にスッキリしないかもしれない。

しかし、仏教の考えでは人は無くなると仏様になると言われているのだ。そのため人の死は決して穢れたものではなく、亡くなった人の魂に霊的存在の穢れを持ち込むというのは失礼に当たるのである。

難しい話になってしまうので、生きている人を例に具体的に説明してみたいと思う。まず、あなたが友人に貸したゲームソフトを友人に返した際に、その友人がゲームのパッケージを除菌ティッシュで拭いたとする。

これは借りていた本人からしてみれば「なんだこいつ」と感じることだろう。この例の様に亡くなった人の葬儀の帰りで塩を肩から振りまいて「除霊」をしたら仏様となった死人に失礼な行為なのである。

お清めの塩は必要ないんじゃないの?

 - 雑学