メンタルヘルス

本当の友人関係を見極める簡単な方法を伝授したいと思う

橋の上で悩む女性

今、友人関係に悩んでいる人はどのような悩みを抱えているだろうか?友人と喧嘩をした、友人と疎遠になった…様々な悩みがあると思うが、このような時には本当の友人関係というものについて改めて考えてみる機会を持つことが重要であり、友人関係を断捨離する良い機会でもあるのだ。

今の風潮では、友人は多いほど良いというイメージがあるが、本当に自分に必要な友人というのは本当に限られている。中には「友人は多くいた方が良い」という時代遅れなことをいう人もいるかもしれないが、多くの友人関係を持つということは決して良いことばかりではないのである。

この記事ではこのような本当の友人関係に疑問を持っている人に向けて、自分の友人は本当に信頼できる友人なのか?という事を見極める方法を伝授したいと思う。この方法を試してもらえれば本当の友人関係を見極めることが容易にできるためぜひ試してみてほしい。

本当の友人関係を見極める方法

今の人間関係をリセットして新しい人間関係を作り上げていきたいと思っているなら、まず試すべきことは今の人間関係を断捨離して本当に自分に必要な人間関係を見極めるということが重要になる。

この今の友人関係や人間関係を見極めて、自分にメリットをもたらしてくれる友人を絞るという方法は至って簡単であるので、ぜひ試してみてほしいと思う。それでは解説していこう。

友人にこちら側から連絡をしないという事に尽きる

本当に自分に必要な友人関係を見極めるためには、こちら側から友人に対してコンタクトを取らないということが一番効果的である。これは友達を遊びに誘ったり、飲み会の誘いなどをこちら側から一切連絡をしないということだ。なぜこの方法が一番効果的なのかと説明すると、相手が自分を必要としているなら、相手側からこのような「遊びの誘いや飲み会の誘い」などがあるためである。

もし、こちら側から友人に対してコンタクトを取らずに、相手側からこのような誘いがあれば、その友人関係は大切にした方が良い。一方、相手側からこのような誘いがない場合には相手は自分を必要としていないと断定できるため、この友人に対しては断捨離として疎遠になっても構わない相手だということである。

この方法を試すと、確実に友人と疎遠になる確率が高くなるが、本当の友人というものを改めて考えるならば、ぜひ実践してほしいことなのである。もし、相手からの連絡が一切なくても落ち込むことは一切ない。重要なのはこれからの人間関係を新しく構築してくことであり、過去にとらわれてはいけないのだ。

本当の友人関係に悩んで、人間関係の断捨離を考えている人は上記で説明した、友人にこちら側からコンタクトを取らないという方法を試してみてほしい。そうすれば本当の友人関係というものが明白に分かり、尚且つ、友人関係を断捨離するということに区切りがつく良い機会になるためである。

友人関係なんて少なくて良いんじゃないの?

関連記事

  1. メンタルヘルス

    小中高生の不登校や引きこもりなんて心配するに当たらないですよ

    学校生活などが上手く行かずに学校という環境を放棄してしまう小中…

  2. メンタルヘルス

    うつ病になっても環境を変えずに心療内科に頼るバカが多い日本

    日本という国はストレス社会であり、何かと日常生活を送るというこ…

  3. メンタルヘルス

    早起きは三文の徳?いやいや、早起きなんて大損です

    早起きをするのは本当に得なのか早起きをすれば良い事が起こる…

  4. メンタルヘルス

    人生に幸せを求めすぎると人は鬱になる傾向にある

    学生であれば勉強に勤しんで学生時代の多くの時間を勉強というもの…

  5. メンタルヘルス

    行動力のある人間になるには思考を停止させることが重要である

    何事にも怖気づかずに無帽と分かっていても挑戦をする人と、失敗を…

  6. メンタルヘルス

    睡眠薬や抗不安剤を飲むと太るって言われているけどホント!?

    今は国民病とも言われている不眠症。布団に入って直ぐに寝れるならこれ以上…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. 雑学

    洋画の音声と字幕が異なる理由を分かりやすく解説しよう
  2. ブログ運営

    ブログ記事のネタ切れというブロガーは5秒ルールを意識すべき
  3. オピニオン

    労働者に副業を禁止にするならば会社側は給料を上げるべきだ
  4. メンタルヘルス

    現状維持バイアスは決して悪い面ばかりではないという事実
  5. ブログ運営

    プロブロガーならばゲロを吐いても記事を書き続けなさいよ
PAGE TOP