稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

教師が生徒に対して「頭が良い、頭が悪い」という言葉を使うのは言語道断である

      2016/05/24

学校教師

学生の中には様々な素晴らしい個性を持った生徒というが沢山いる。しかし、学校での評価の基準となるのは勉学ができるかどうか?ということである。中にはスポーツなどで優秀な成績を残して推薦などを貰う生徒もいるかもしれないが、学校というのは基本的に勉学ができるかどうかで生徒を評価する傾向にある。

その際に、勉学が苦手な生徒に対しては教師が「なんでこんな簡単な事ができないのか?本当に頭が悪いね君は」という言葉を吐く教師もいることだろう。生徒に対して「頭が悪い」という言葉を吐く教師というのは教師失格であり、そんな教師は教員免許を剥奪してもらいたい。

今の日本教育では、全てが勉学ができるかどうか?という基準点で生徒の評価を下し「勉強ができないと良い人生を歩めない」と勘違いしている教師がとても多い。社会人である教師が勉学ができるだけで良い人生が歩めると思っているのならそれは大問題である。

本来、教師というのは生徒の個性を見つけて、それを伸ばすというという役目がある。それにも関わらず、勉学ができないという理由だけで「頭が悪い」という言葉を使い、生徒のやる気を削ぐような発言をするというのは教師として言語道断であり、勉学だけで生徒を評価するというのは止めるべきなのだ。

「勉強ができないと良い大学や会社に就職できない」と思うかもしれないが、そんなものは将来的に会社の養分となり社畜となる奴の垂れごとである。むしろ学生時代に勉強ができなかった人の方がクリエイティブな発想を持っている人が多いため、成功する確率が高いのが実情である。

教師というのはこのような生徒の個性をしっかりと把握して、その個性を伸ばす努力をするべきなのである。勉学だけで生徒を評価して点数を付けることなんて教員免許を持っていない人でもできることなのである。教師はこのことを頭の中に入れて生徒と向き合って欲しいと思う。

勉強が全てでは無いんじゃないの?

 - オピニオン