稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

アーティストの全国ツアーのセットリストが共通である理由

      2016/05/25

ライブ

好きなアーティストが全国ツアーを行うと、コアなファンは全国を駆け巡ってアーティストのライブに参戦する人も多くいると思うが、ここであることに気が付くと思う。それはどの公演もセットリストが共通していて全国ツアーに足を運んだ人は毎回同じセットリストの曲を聞くことになるということである。

せっかく遠くの会場まで何回も足を運んでいる人も多くいるにも関わらず、なぜ同じセットリストの曲をアーティストは選択するのだろうか?そんな疑問を持っている人に向けてこの記事ではアーティストが全国ツアーで同じセットリストの曲をセレクトする納得の理由について解説していきたいと思う。

アーティストが全国ツアーで同じセットリストをセレクトする理由

リハーサルの時間を省ける

各公演で違うセットリストをセレクトした場合には、アーティストにとってはかなり負担がかかる。それはアーティストも人間なので自分で作ったの演奏を忘れてしまうということがあるためである。

例えば、各公演で違うセットリストをセレクトした場合には、その曲の練習とリハーサールで時間がかなり取られてしまうのである。特に各公演の期間が短い場合にはアーティストの移動や機材の運搬、セットの構成などでアーティストにとっては本当に時間が足りないのである。

そのような時に各公演のセットリストを共通にしておけば、限られた時間の中でこれらのリハーサルに取られる時間を減らすことができるし、曲の練習も何公演もやっているため練習時間を削ることが出来るという訳なのである。アーティストの全国公演は本当に時間に追われているのである。

各公演を平等に行うため

ある公演では自分の好きな曲が歌われていたのに、参戦する公演では自分の好きな曲が歌われなかったという不平等を無くすという意味でも各公演を共通させている理由の一つで、アーティストにとってはライブを見に来てくれた人に不平等な思いをさせたくないという思いから、各公演で演奏するセットリストを共通させている。

中には「全国ツアーのチケットを多くゲットできたけどセットリストが同じでつまらない」といった悲しい感想を持ってしまう人もいることだろう。しかしそれはアーティストが各公演を平等に行いたいという思いからセットリストを共通しているので、そこは我慢してほしい。

もし、好きなアーティストが全国ツアーを開催すると聞き、多くの公演に足を運ぶ人は「セットリストが同じでつまらない」といった感想を持たずに、このようなアーティストの各公演を平等に行うという思いを感じ取ってライブに参戦して欲しいと思う。

アーティスト側にも事情があるんじゃないの?

 - 音楽