稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

筋肉痛の時には運動や筋トレを続けても良いのか?

      2016/05/29

ボディービルダーの筋トレ

筋トレをして体磨きをしている男性や、部活などで筋肉をつけなければいけない学生などは常に筋肉痛に悩まされていると思う。そしてそのような人が疑問に感じていることは皆一緒である。それは筋肉痛の時には運動や筋トレを続けても筋肉を付けていく上で支障はないのか?ということである。

この記事では運動や筋トレをしていて筋肉を付けたいと思っている人に向けて、運動後の筋肉痛の後に再び筋トレをしても支障はないのか?という疑問に答えていきたいと思う。体磨きをしている男性や筋肉を付けたい学生は参考にしてみてほしい。きっと納得する答えが見つかるはずである。

筋トレ後の筋肉痛の時に筋トレを続けても良いのか?

特に筋トレをしている人は常に筋肉痛に悩まされることになると思うが、早く筋肉を付けたいと思う考えが先行して、筋肉痛の時に筋トレをするということは逆効果である。その理由として一番に挙げられるのが、筋肉の超回復というものである。超回復とは一体何か疑問に感じる人もいることだろう。

筋肉の超回復とは、筋トレをした後に筋肉の繊維が傷んでしまい、それを回復させるために新たなバージョンアップした筋肉が付くということなのだが、この超回復というのは筋肉痛の時に一番行われるものなのである。

この筋肉痛の時に新たに筋トレをしてしまうと、筋肉の超回復が行われずに、ただ筋肉の繊維を痛めているだけで一向に筋肉が付かないという悪循環に陥ってしまう。そのため筋トレをしている人は筋肉痛の時にはプロテインを多く飲んで筋肉を休めてあげるということが必要なのである。

筋肉痛になった場所とは違う箇所をトレーニングする

筋トレをしている人は早く筋肉を付けたいという衝動に駆られると思うが、一度筋肉痛になったら、その箇所は筋肉痛が治るまで安静にして、筋肉痛になった場所とは違う箇所の筋トレをするということが重要なのである。例えば腕が筋肉痛になったら、腹筋を鍛えるという感じで。

腹筋を鍛えて腹筋が筋肉痛になった頃には腕の筋肉痛は治っているため、その時にもう一度腕の筋トレを再開するようにすれば良いのである。筋肉が中々付かないと嘆いている人はこの超回復という意味を知らずにただ単純に筋トレをしている傾向にあるため筋肉が付かないのである。

以上、これら説明した通り、筋肉痛の時に筋トレをするとせっかく筋トレした意味が無くなってしまうため、筋肉痛になった時の筋トレはタブーという事を覚えておいてほしいと思う。超回復という意味をしっかりと理解しておけば自分が頑張っただけ筋肉は付いてくるのである。

筋肉痛の時は筋トレはしては駄目なんじゃないの?

 - 雑学