稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

自慢ではなく自分の短所を伝えると人から好かれる人間になれる

      2016/06/29

自慢話をする男性

人間というのは何かしら人に自慢したいという欲求が備わっていて、人に自分の功績などを自慢することで自分の存在意義を確かめる。しかし、人に自分の自慢話を頻繁にする人というのは決して人から好かれることは一切ないということが断言できる。

自慢話を頻繁にする人は、自分の功績を人に伝えることで気持ちが良いかもしれないが、聞く側としては人の自慢話ほどつまらない話はないだろう。それはなぜかと言うと、人というのは他人の成功体験より、失敗体験の方が好印象を持つためである。

例えば、コネで社長になった人が自分の家系に対しての自慢をしても人は一切関心を持たない。それは妬みであったり、コネで社長になったという薄っぺらい経歴が壁となり、何ら人の興味を誘う話ではないためであり、このような人というのは基本的に嫌われる傾向にある。

逆に、自分の短所を人に話す人というのはとても人に好かれやすい。この答えは簡単である。人というのは自分の持っていないものに対しては厳しい目線で判断を下すが、逆に自分より劣っている事に関しては寛大な心で人を判断するという潜在意識が存在するためである。

例えば、学歴などは人がコンプレックスを持ちやすい代表的な例だろう。ここで学歴に対して劣等感を持ち、人に伝える事が恥ずかしいと感じているのであれば、それはとても勿体ないことなのである。自分の短所というのは人に伝えることで、デメリットからメリットへと転換させることができるのである。

ここで一例を出そう。「私は名門大学出身だから周りの人がアホに見える」と話す人と「私は中卒だけど大卒に負けないように頑張ってるんだ…。」と話す人では圧倒的に後者の方が人は好印象を持つ。このように自分の短所は隠さずに堂々と周りに伝えるということが人から好かれるためには必要なことなのだ。

誰しもが短所を抱えていると思うが、その短所は包み隠さず周りに伝えると短所を長所へと転換させることができるということを覚えておいて欲しい。そうすれば人から好かれやすい人間になれるのである。

短所は長所へと変えれるんじゃないの?

 - メンタルヘルス